TOP  >  和婚スタイル福岡のブログ  >  和婚の用語解説 Part4

和婚スタイル福岡のブログ

ARCHIVES



CATEGORY

和婚の用語解説 Part4

2017.05.28

みなさまこんにちは、

和婚スタイル福岡店です。

 

本日は4回目になります、和婚の用語解説になります。

 

では、早速紹介していきますね。

 

 

玉串

-たまぐし-

榊の枝に紙垂(しで)という紙を取り付けたもの。神社で拝礼の時に神前に供える。紙垂は神の衣、榊は神の繁栄を意味する。
玉串は神前式の挙式で神殿に捧げられる。

 

玉串奉奠

-たまぐしほうてん-

神事で行われる、神へ「玉串」を捧げて礼拝する儀式。
巫女から手渡された玉串を両手で受け取り、一礼した後に台に捧げ、二拝・二拍手・一拝の神式の作法で拝礼する。仏式の焼香にあたるもの。

 

伊達巻

-だてまき-

幅10センチくらいの細帯。着物が着崩れないように、帯を締める前に掛下の上に巻く。

 

角隠し

-つのかくし-

婚礼の際に、文金高島田の髪を飾る帯状の白い布で、白無垢や打掛、引き振袖を着るときに被る。
角隠しには「角を隠して夫に従順に従う」という意味が込められている。

 

留袖

-とめそで-

既婚女性が着用する最も格調高い正装。
黒地に「江戸褄(えどづま)」という下半身部のみ模様の入った着物のことで、黒以外の地色のものは色留袖という。 留袖、色留袖には家紋が入っており、特に五ツ紋の入った留袖は慶事の第一礼装とされ、一ツ紋が入ったものは婚礼時以外の正装としても着用できる。

 

 

箸取りの儀

-はしとりのぎ-

鶴亀や松竹梅などの置物が飾られてある島台の上に盛り付けられた美しい色とりどりの菓子を、新郎新婦が箸を使って皿に取り分けて、ゲストに振る舞う演出のこと。両家の末長い繁栄を願って、京都の公家屋敷での婚礼で行われていた儀式。

 

筥迫

-はこせこ-

打掛を着る際、装飾として胸元の懐に入れる、刺繍と房のついた箱型の袋物のこと。江戸時代では中流以上の武家の婦人が化粧道具や鼻紙などを入れるために持った実用品だった。

 

引き振袖

-ひきふりそで-

引きずるほど長い裾の振袖のこと。正式な礼服で、「お引きずり」「大振袖」「本振袖」ともいわれる。
赤やゴールドなど華やかな色も多いが、黒の黒引き振袖が江戸後期から昭和にかけて正式な婚礼衣装とされていた。

 

初穂料

-はつほりょう-

ホテルなどの結婚式場内にある神殿ではなく、一般の神社での挙式を挙げる際に支払うお金のこと。
神様に奉納する金銭という意味があり、玉串料ともいう。神主や巫女への謝礼、施設使用料などが含まれる。

 

引菓子

-ひきがし-

披露宴のゲストに引出物と一緒に持ち帰ってもらうお菓子。ふたりの結婚記念として感謝の意を込めて贈る。
日持ちし、縁起の良いものが好まれる。

 

引出物

-ひきでもの-

披露宴のゲストにふたりの結婚記念として感謝の意を込めて贈る品物。
披露宴終了後、引菓子と共に持ち帰ってもらう。
最近はゲストがカタログのなかから欲しい物を自由に選ぶカタログギフトも人気。地方によって独特の習慣がある。

 

一つ紋

-ひとつもん-

背中に一つだけ家紋がある羽織や着物のこと。 五つ紋より格は下がるが、準礼装として結婚式以外にも茶会やパーティーなど着用する機会の幅が広くなる。

 

引出物持ち込み料

-ひきでものもちこみりょう-

結婚式場に外部で手配した引出物を持ち込んだ場合に会場に支払う料金のこと。
引出物一個につき、300円~500円ぐらいが相場。

 

披露宴

-ひろうえん-

挙式後に親族や上司、友人などを招いて、結婚し夫婦となったお互いのパートナーを紹介し、ふたりの晴れ姿を披露する宴席のこと。
まず新郎新婦紹介、挨拶、来賓の祝辞、ケーキカットを行い、その後は乾杯をし、料理やお酒でゲストをもてなす宴会となる。

 

袱紗

-ふくさ-

一枚もの、または表裏2枚合わせの絹布で作られた長方形の布。贈り物の上に掛けたり、包んだりするもので、結婚式ではご祝儀袋を包むのに用いる。
結納では片木盆に載せた受書の交換で上に掛けて使用される。

 

文金高島田

-ぶんきんたかしまだ-

白無垢や打掛、引き振袖を着る際に結う、代表的な花嫁の日本髪のこと。
髻(たぶさ)を折り返して元結で止める島田髷を高く結い上げた優美で華やかな髪型。
昔は地毛を結っていたが、今ではかつらを使う場合が多い。

 

芳名録

-ほうめいろく-

結婚式、披露宴の受付に置き、ゲストに名前や住所を書いてもらうもの。ゲストブックともいう。
新郎側用と新婦側用に2冊用意するのが一般的。
最近は、和風や洋風以外にも、メッセージカード付きのものなど、いろいろな種類のものがある。

 

本日は以上で和婚の用語の解説を終わりにしたいと思います。

もう少しだけ残っているので、今後も紹介していきたいと思います。

«前の投稿「」             次の投稿「」»

ブログ一覧へ