TOP  >  和婚スタイル東京のブログ

和婚スタイル東京のブログ

ARCHIVES



CATEGORY

タキシードの人気スタイル5選!

2016.12.08

こんにちは。和婚スタイル東京店です。

本日は タキシードの人気スタイリング についてご紹介致します。

ご新婦様をエスコートするご新郎様のご衣裳はタキシード

きっちりとした印象でより一層素敵に見せてくれる事でしょう。

 

タキシードとは本来は夜に着用される男性の礼服の一つですが、現在は婚礼服として多く用いられています。

イギリスではディナー・ジャケット(会食服)、その他の欧州諸国ではスモーキング(smoking, 喫煙服)と呼ばれているそう。

 

早速タキシードを紹介して参りたいと思います。

 

 

 

1.discerning bordeaux

image00000081

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

光沢ある黒に赤のラインがシャープに栄えるデザインが特徴です。

 

 

 

 

2.bobo bobo

image00000082

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シンプルなデザインの中に蝶ネクタイをポイントに用いています。

 

 

 

 

3.reon

thumbnail00000083

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二次会など肩肘の張らない会にオススメのコーディネイト。

 

 

 

 

4.Tree climbing

thumbnail00000084

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おふたりのテーマに合わせて、蝶ネクタイもご自由に選んでいただくことができます。

 

 

 

5.Silhouette

thumbnail00000085

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個性派シャツに合わせるのはシンプルなネイビーのネクタイでスタイリッシュに。

 

 

 

 

以上5つを紹介させていただきました。

気になるタキシードはございましたか?

 

他にも数多くの種類をご用意しております。

和婚スタイルのホームページも是非ご覧くださいませ。

http://www.wakon-style.jp/tokyo/costume/

 

12月に入りますます寒さもまして来ていますので

みなさまお体には気を付けてお過ごしください。

花嫁衣裳の種類のご紹介

2016.11.13

11月に突入に、最近はもう秋ではなく冬かと思うくらい

寒くなってきましたね。

 

みなさん、体調には気を付けてお過ごしください。

 

どうも皆さんこんにちは

和婚スタイル東京店です。

 

今週のブログは、タイトルにも書いていますが、

花嫁衣裳の種類について少し説明をしていきたいと思います。

 

では、早速紹介していきたいと思います。

 

 

白無垢

純白の伝統衣装に身を包み、神社結婚式を最も格式高い和装の正礼装

p_01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白無垢とは、挙式だけに着る礼服で白い掛下に白い打掛を羽織り、

帯や小物に至るまですべてを白一色に統一した装いのこと。室町時代ごろに広まった、

最もポピュラーな和の花嫁衣裳です。
純粋無垢を表す「白」は「これからどんな色にも染まります」という花嫁の思いのあらわれ。

もともと神に仕える時の衣裳が白であったことから、結婚を神に報告する婚礼の

儀式で用いられるようになったといわれています。
髪は文金高島田に結い上げ、挙式では綿帽子または角隠しで覆います。

胸元には懐刀(刀)と箱迫(鏡や櫛などを入れる入れ物)または懐紙入れを、

手には金または銀の扇子を持つのが正式な装いです。
清らかなイメージを強調するなら、白無垢に勝る衣裳はありません。

神社での「和婚」によく使われる日本伝統の衣裳です。

レンタル衣装として多数取り揃えています。

 

 

色打掛

白と鮮やかな色打掛の美しいコントラストより艶やかに、華やかに

p_02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白またはピンクなどの色掛下に、鮮やかな打掛を羽織る装いのこと。

打掛は室町時代以降の武家女性の礼装とされ、江戸時代に入ると裕福な

町人などにも普及しました。婚礼の衣裳としては白い着物の上にはおって裾をひく、

金糸や銀糸で豪華に吉祥文様を織り上げた豪華な着物を「色打掛」と呼ぶようになりました。
色打掛に織り込まれる文様は、二人の門出を祝うものや幸せを願う意味が

こめられたものが刺繍されています。代表的なものとして、赤をベースに、

花や日本の四季、鶴や亀といったおめでたい柄を刺繍したものが上げられます。

様々な文様をレンタルにてご用意しております。
髪は文金高島田に結い上げ、挙式では角隠しで覆います。

白無垢同様、箱迫や懐剣、末広などの小物を身につけて臨みます。

 

引振袖

華美で優雅なシルエット江戸時代から受け継がれる花嫁衣裳

p_03

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引振袖は、江戸時代から明治時代にかけて大家の女性たちの礼装の名残とされています。

格調高く華やかな印象を与える装いで、白無垢よりも前に存在し、

挙式の正装としても通用する伝統ある婚礼衣裳です。その中でも、

黒引きは明治政府が黒を男の正装の色としたのに準じ、花嫁も黒地に五ッ紋、

袖に模様がある振袖をお引きで着るのが主流になりました。

 

明治時代の中期ごろは、お引きは未婚女性の礼服とされており、

もともとは日常の着物も袖を引きましたが、大正時代ごろから花嫁衣裳にだけ残り、

代表的な衣裳になりました。
引振袖の魅力は、小物も含めて色や柄で選べることです。

伝統色である黒や赤、白の着物にパステルカラーの抱え帯や

帯揚げを組み合わせることができ、クラシックな中にもモダンな表情を作り上げることができます。

 

 

以上3着が花嫁衣裳となります。

いかがだったでしょうか、お好みの衣装はありましたか?

 

 

上記3つの衣裳は種類で、その中でもいろいろな柄があるんですよね。

これは、前ブログでも少しだけ紹介させて頂いています。

 

もっと詳しく種類を知りたい! という方は

http://www.wakon-style.jp/tokyo/costume/article_01.html

こちらのURLから見ることができますので

ぜひご覧になってくださいませ。

和装ヘアスタイル

2016.11.04

今回は、結婚式当日のヘアスタイルをご紹介をしていこうと思います。

皆様が神社での結婚式を想像された時、ヘアスタイルはどんな感じでしょうか?

まずはお衣裳が大事ですが、ヘアスタイルも重要です。

 

【お鬘+綿帽子】

0069_compressed

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0118_compressed

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かつらの上にかぶる絹製の布。

白無垢を着て行う神前挙式でのみ用いるもので、お食事会や披露宴では外します。

 

 

【お鬘+角隠し】

0111_compressed

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0158_compressed

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本来の意味合いは、武家の子女が外出する際の塵除けでしたが、

戦後に花嫁スタイルとして定着。綿帽子同様、挙式時のみに用います。

 

 

【和装洋髪】

AN_1007-300x200

 

 

 

 

 

 

 

AN_1050-200x300

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご自身の髪をご希望にあわせて結い上げます。綿帽子をかぶることもできます。

鬘にはちょっと抵抗が・・・という方に、オススメです。

お花の付け位置や種類によっても雰囲気が変わりますよ。

 

 

 

花嫁様、お一人お一人が世界で一番輝く一日を過ごして頂ける様、

ヘアメイクスタッフはもちろん、全スタッフでサポートさせて頂きます。

まだ、間に合う! ウィンタープラン

2016.10.28

皆さんこんにちは

和婚スタイル東京店です!

 

今週のブログは、プランについて少し紹介をしていこうと思います。

 

今回紹介するプランはと言うと…

タイトルにもある通り、

「まだ、間に合う! ウィンタープラン」についてです!

bnr_winter

 

 

 

 

 

 

このプランの内容は、来年2017年1月・2月に挙式を挙げたい方向けで

 

上の画像に書いてある通り衣裳2着目が無料になり、

さらに、土日祝の追加料金なしになります!

通常の土日祝は追加料金として+2万円頂いているのですが、

このウィンタープランで挙式を挙げるとこの2万がなしになるという

かなりお得なフェアとなっています。

 

今、いつどのタイミングで挙式を上げようか悩んでいる方は

是非これを機に考えてみてください。

 

もっと詳しいこのプランの内容は、

http://www.wakon-style.jp/tokyo/campaign/detail_12.html

上のリンクから見ることができます。

 

少しでも結婚式のお役になれば嬉しいです。

 

 

和婚の魅力

2016.10.23

10月も下旬に入り、すっかりと秋を感じる季節となりした。

しかし、朝、昼、夜での気温差が不安定な日が続いている気がします。

 

 

体調には気を付けてお過ごしくださいね。

 

どうも皆さんこんにちは

和婚スタイル東京店です。

 

今週のブログは、タイトルにもある通り

和婚の魅力について、紹介していこうと思います。

 

では、早速紹介していきたいと思います。

 

”日本人として生まれて”

日本古来の伝統的な結婚式のかたち。

それが神社結婚式です。

日本人として生まれたからこそ

日本の神様に生涯を誓うことこそが、

大切だと考えます。

 

”和装が着れる”

伝統の白無垢から、色仕掛、引き袖まで、

花嫁様だけが着られる日本の伝統衣装を着て結婚式を。

ヘアメイクは、新郎様のイメージをナチュラルに表現、

艶やかに出演します。

 

”家族のことを考えて”

ご両親や、おじい様、おばあ様と

同じかたちで結婚式を挙げたい。

そんなお声をよく耳にします。

ご家族だけで、

厳かで、あたたかな結婚式を

きっとご家族も喜んでくれるはず。

 

 

”そんな派手さは必要ない”

派手な結婚式は自分たちらしくない。

近年結婚式を挙げないおふたりが増えているそう。

派手な結婚式じゃなくてもいい。

静かに、厳かに。

結婚の証を残すことが、大切と考えます。

 

いかがだったでしょうか。

これが、上記4つが和婚の魅力と言えるでしょう!

 

今回紹介した、この和婚の魅力は

和婚スタイルのHPでもご覧いただけます。

ぜひご覧ください。

1000組達成! ありがとうキャンペーン

2016.10.14

もう早いことで、10月も半分を過ぎようとしていますね

この間まで暑かったと思っていたのに、

今では朝と夜はめっきり寒くなってきましたね。

 

季節の変わり目はとても体調を崩しやすい時期なので

みなさん体調には気を付けて過ごして下さい。

 

どうも皆さんこんにちは

和婚スタイル東京店です。

 

今週のブログは、キャンペーンについての紹介を少ししたいと思います。

 

そのキャンペーンとは、

inr_main

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”1000組達成ありがとうキャンペーン”です!

 

これは、2016年に和婚スタイルで挙式を挙げる方が1000組を達成したので

皆様に感謝を込めて送るキャンペーンとなっています。

 

このプランは、2016年内にご成約されたお客様限定で

1000円オフの割引券がもらえるという、お得なキャンペーンとなっています!

 

しかも、総額100万円分の1000円チケットをご用意させていただきました!

 

いつ結婚式を挙げようか迷っている方は

今がチャンスだと思いますよ。

 

以上で1000組達成ありがとうキャンペーンの紹介を終わりにしたいと思います。

 

もっとキャンペーンについて詳しく知りたい方は、

http://www.wakon-style.jp/tokyo/campaign/detail_14.html

HPから見ることができるので、確認してみてくださいね。

鶴岡八幡宮で挙げる 幸あかり挙式

2016.10.07

どうも皆さんこんにちは

和婚スタイル東京店です。

 

今年も早いことでもう10月に入りましたね。

気づけば2016年も残すところ後2ヶ月です!

 

残り2ヶ月も体調などに気を付けて頑張っていきましょう。

 

 

さて、本日のブログですが、

今回は先日、とても素敵な神社挙式を挙げた方がいるので

そのご紹介をしていこうと思います。

 

そのお二人です。

-056_compressed

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-079_compressed

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とてもいい笑顔ですね。

 

とにかく明るい新婦様と落ち着いた新郎様。

お二人とも、とても楽しんで挙式の準備に臨んでいただけました。

 

-102_compressed

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とっても幸せそうですね~

見ているこっちも幸せな気分になれます。

 

ここからは、式の様子を少し紹介をしていきたいと思います。

-146_compressed

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-159_compressed

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-163_compressed

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-172_compressed

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-180_compressed

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-191_compressed

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

指輪交換をして。

 

-208_compressed

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に集合写真を。

 

今回は、お二人のご希望で鶴岡八幡宮様で1日1組限定の幸せあかり挙式でした。

夕暮れのお時間でかがり火に照らされた白無垢がとっても綺麗でした。

 

-233_compressed

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-243_compressed

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

末永くお幸せに。

色打掛についてご紹介<part2>

2016.09.30

今日で9月ももう終わってしまいますね。

これからは、季節の変わり目で体調を崩しやすくなる時期だと思いますが

 

みなさん、体調には気をつけてください。

 

どうも皆さんこんにちは

和婚スタイル東京店です。

 

今回のブログの内容は、前回に続いて

色打掛の紹介の続きになります。

 

では早速紹介していきたいと思います。

 

 

黄金花鳥

黄金花鳥

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シックな色合いの色打掛。
淡く大人っぽい柄行きにもやっぱり華やかさをプラスして、大人の女性を演出します。

 

 

紅黒飛翔

紅黒飛翔

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴールドと黒、赤をふんだんに使ったゴージャスな柄行きです。
打掛はやっぱり赤、でも少し変わったデザインがいい、という方に人気の1着です。

 

 

紅鶴

紅鶴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お祝い事にはふさわしい赤い打掛と白い鶴の柄で、王道ともいえる色打掛ですが、
昔から変わらず大変人気な衣装です。

 

花扇

花扇

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花扇とは、7種の草花を束ねて扇の形に作り、檀紙(だんし)で包み、水引をかけた花束。近世、七夕に近衛家から宮中に献上された。
花と御所車、金糸が美しい華やかな柄行きが大変人気です。

 

金鶴

金鶴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金鶴の衣裳は、金糸とふんだんに使用した豪華でインパクトのある華やかな1着です。
また、優しい印象のパステルカラーを使った、トレンド感満載の色打掛。大変人気の衣装です。

 

 

今週は以上5つを紹介いたしました。

 

先週から2週間に分けて色打掛について紹介させていただきましたが、

実は色仕掛にはまだまだ種類があります!

 

そこで、もっと他の色打掛も知りたい!という方は

http://www.wakon-style.jp/tokyo/costume/#sub02

HPから確認してください。

 

きっとあなたの気に入るものがあるはずです。

 

少しでも興味を持っていただけたら嬉しいです。

色打掛についてご紹介

2016.09.23

今週は祝日も2日あり、気温も下がり

ゆっくりと過ごせたのではないでしょうか。

 

どうも皆さんこんにちは

和婚スタイル東京店です。

 

 

今回のブログは、神前結婚式の時に着る

衣裳の色打掛について紹介させていただきたいと思います。

 

 

色打掛にも数がたくさんあり、色々と目移りしてしまう人もいるのではないでしょうか

なので、何週間かに分けて色打掛について紹介していこうと思います。

 

多分2~3週間に分けて紹介する形になると思います。

 

では、まず1つ目

花王鳥王

花王鳥王

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きく鳳凰が描かれた色打掛。
金の刺繍が豪華でとても目を引きます。
気品あふれる花嫁様を演出してくれます。

 

 

華鳳凰

華鳳凰

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

濃紺の生地に小花と鳳凰が刺繍されているので柄が引き立つ1着です。
華やかな柄行きが、落ち着いた大人の女性を表現します。

 

 

翔鶴花車

翔鶴花車

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上からピンクとブルーのグラデーションが華やかできれいな衣裳です。
花車のお花が大小刺繍されているので、可愛らしさ溢れる1着です。
さらに、お顔元を明るくする美しい打掛です。

 

 

紅花車

紅花車

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白地に赤いお花が所々に刺繍されているのでコントラストがきいて、華やかな着物です。
純白の色味なので、白無垢の変わりに選ばれる方も。

 

 

朱鳳凰

朱鳳凰

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鮮やかな朱色が目を引く色打掛。
鳳凰の柄行きは縁起が良いと言われているため、婚礼衣装に使われる柄は多いです。

 

 

箕面

箕面

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金色に輝く華やかな色打掛。
色とりどりのお花がカワイイ人気の打掛です。

 

こんな感じで簡単ですが、今回は

6つ紹介させていただきました。

 

 

少しでも色打掛について知ってもらえたら嬉しいです。

東京店 人気神社 part2

2016.09.18

 

9月ももう折り返して半分になりました。

気温の方も落ち着いて、過ごしやすくなったのではないでしょうか。

 

どうも皆さんこんにちは。

和婚スタイル東京店です。

 

今回のブログは、前回の東京店での人気神社の続きで、

3位~1位の紹介をしていきたいと思います。

 

 

ぜひ、これから挙式を挙げようと考えているかたで、どこの

神社にしようか悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

 

 

では、さっそく3位の方から紹介していきたいと思います!

 

浅草神社(あさくさじんじゃ)

 

main_img00000026

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浅草神社は、浅草寺本堂の東側にあり、浅草寺の本尊を発見した檜前浜成・竹成の兄弟と土師仲知の3人を祭神としたのが浅草神社です。三神を祀ることから三社樣とも呼ばれています。現在の社殿は1649年(慶安2)家光によって再建されたもので、江戸時代初期の建築物が残っている貴重なものです。建造されてから350年以上経過している歴史のある社殿で、重要文化財に指定されています。

 

 

続いて2位は、

鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう)

 

main_img00000092

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鶴岡八幡宮は、1063年に源頼義が奥州を平定して鎌倉に帰り、源氏の氏神として出陣に際してご加護を祈願した京都の石清水八幡宮を由比ヶ浜辺にお祀りしたのが始まりであり、鎌倉幕府の祖である有名な源頼朝が1180年に鎌倉に入り、現在の地に遷しました。以降830年の歴史を持つ、古都鎌倉の象徴的な存在として、観光名所としても有名です。

 

 

最後に、1位の紹介です!

湯島天満宮(ゆしまてんまんぐう)

 

main_img00000025

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

湯島天満宮は、古来より江戸・東京における代表的な天満宮であり、学問の神様として知られる菅原道真公を祀っているため、受験シーズンには多数の受験生が合格祈願に訪れ、普段からも学問成就や修学旅行の学生らで非常な賑わいを見せている神社です。また境内の梅の花も有名で、この地の梅を歌った「湯島の白梅」は戦中時の歌として大ヒットしました。

 

 

今回のブログは先週から2週間に分けて東京店の人気神社の紹介をとても簡単でしたが、

紹介させていただきました。

 

今回紹介させて頂いた神社のもっと詳しい内容は、HPでみることができます

ぜひ、もっともっと詳しいことを知りたい方は、そちらをご覧ください。

 

http://www.wakon-style.jp/kyoto/list/

 

どこで神社挙式を挙げようか、考えていたり、悩んでいる方は参考にしてもらえると嬉しいです。