TOP  >  和婚スタイル東京のブログ

和婚スタイル東京のブログ

ARCHIVES



CATEGORY

新作入荷しました‼

2017.12.07

こんにちは!

浅草店衣裳の平山です(・∀・)

皆様、色打掛って選ぶの難しいですよね、

王道の古典柄もいいけれど、自分らしい衣裳が着たいそんな貴女に

和婚スタイルにシュガーケイの新作衣裳が入荷致しました!

 

シュガー

 

モダンな柄でドレッシーに!

1着目の白無垢は正統派で厳かに。

2着目は貴女らしさを出して

大きい生花などをヘアードに思いっきり華やかにしてみるのもおススメです!

色打掛探しの旅を終わりにする貴女に合った1着をお探しします!

私たち和婚スタイルの衣裳スタッフにお任せ下さい*。

 

詳しくはこちらへ→http://www.wakon-style.jp/

貴女だけの特別な1着を晴れの日に・・・。

 

 

 

季節を感じる結婚式のご紹介 ~春~

2017.11.30

こんにちは!和婚スタイル浅草店でございます。

 

 

本日は、来年の挙式にお勧め「春の結婚式」をご紹介致します。

春といえば、もちろん

一面のをバックに、白無垢と紋付き袴を着られたお2人はとても素敵です☆

 

 

 

img_02

 

 

 

 

もちろん、色打掛でも!

img_01

 

 

 

 

 

神前式では、境内にてロケーション撮影をしております。

静かで厳かな空気を感じつつ、華やかな雰囲気の中でお写真をお撮り頂けます!

 

 

3

 

 

 

 

5

 

 

挙式当日に沢山お写真が残せるのも、神社挙式ならではですね!

皆さんもが舞う季節に、日本の伝統的な神前式でご結婚式をされてはいかがでしょうか?

 

 

 

「神前挙式って難しそう・・・」

「費用はどのくらい?」

「和装ってどのくらい種類があるの?」

 

などなど、お気軽にご相談くださいませ♪

 

ご来店のご予約はこちらから

https://www.wakon-style.jp/tokyo/form/reserve/

 

「ブログを見た!」とメッセージにお書き頂ければ、特別な「春婚キャンペーン」をご案内します☆☆☆

 

 

 

 

 

人気お食事会場紹介 ~割烹とんぼ~

2017.11.23

 

 

こんにちは!和婚スタイル浅草店です

 

寒い日が続いてますね(^・^)

皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

 

さて、本日はお二人の理想を叶える、和婚スタイルイチ押しのお食事会場を紹介いたします☆☆☆

 

 

ひと口にお食事会といっても

親族のみでアットホームなお食事会

ご友人を招いておもてなしをする披露宴など様々!

 

 

 

 

今回は、和装にぴったりのお食事会場を紹介いたします!

 

 

 

【割烹とんぼ】

〒130-0001 東京都墨田区吾妻橋3丁目7−17

 

都営浅草線 本所吾妻橋駅より徒歩30秒の場所に構える老舗割烹料理店。

 

店内は、和モダンな雰囲気のお座敷ですが

椅子に座ってゆっくりお食事を楽しめるので

和装を着た新郎新婦はもちろん、ご高齢のゲストの方もゆっくりお食事を楽しめます!(^^)!

 

 

玄関には、女将さんと割烹とんぼのスタッフがゲストをお出迎え(〃艸〃)

 

 

 

 

ご親族でのお食事会用に個室のご用意もございますが、

このように大人数でのご披露宴のお部屋もご用意しております!

 

 

 

 

DSC_0342

 

 

 

THE 日本の結婚式が演出できるので

外国の方にも絶大な人気があるんです。

 

 

 

 

また、このようにちょっとしたフォトスポットもあるので

インスタ映えも狙えますね (*^-^*)♥

 

 

-422

 

 

 

 

ゲストへのおもてなしとして

なんといっても気になるのがやっぱりお料理ですよね。

 

 

 

和食懐石激戦区の地として知られる浅草に

昭和8年からお店を構える老舗割烹料理店なのでお食事も天下一品!!

 

 

私のイチ押しは、婚礼料理でも実際にお出しする「メープル西京焼き」です。

 

-321

 

 

なんと、ぐるナイの『ゴチになります!』で人気俳優 小栗旬さんがおみやとしてお持ち帰りされたくらいの絶品西京焼きなんです!!!

 

 

わたしも食べさせていただきましたが、口に入れた瞬間とろけて

こんなにおいしい西京焼きがあるなんて!!と感動しました。。(´;ω;`)

 

 

 

 

ダンディボイスがセクシーな割烹とんぼの三輪社長と和婚スタイルがタッグを組んで

お二人の理想のお食事会を演出します!!

 

 

 

 

和婚スタイルは、たくさんのお食事会場から

お二人の理想のお食事会場をご提案致します!(^^)!

 

 

 

「お食事会場ってどう決めたらいいの?」

「具体的にかかる費用はどのくらい?」

 

結婚式や会食についての疑問点を

和婚専門プランナーがひとつひとつ解消します!

 

 

相談会のご予約はこちら(*^-^*)

 

 

 

ぜひお気軽に遊びに来てくださいね!

 

 

 

ご列席者様の参列スタイル

2017.11.16

皆様こんにちは、和婚スタイル東京店でございます。

お二人のプランや式場・衣装などが決まってまとまってきたら悩まれるのが

ご列席者様の衣裳!

よく、何を着たらいいのか分からない。。。そういったお声をよく聞きます。

そこで、本日は御列席者様の基本的な参列衣裳をご紹介致します!

p_04

まずはお父様の参列衣裳、「モーニング」!

モーニングは、昼間に着る衣裳の中でも最も格式の高い衣裳となっております。

皇室主催の園遊会や勲章の授章式でも着ることができるぐらい、格式の高いお衣裳とも言われているんです!

また、モーニングには、ジャケットは必ず黒のコートでシングルボタン、パンツは黒とグレーの縞模様、Yシャツも普通の物と違い

モーニング専用のウイングカラーシャツの着用、ネクタイも白黒のストライプ柄で真白はNGと言われていたり等

細かい決まり事や必要な小物がたくさんあります。

和婚スタイルでは、こういった小物もレンタルで全て取り揃えをしておりますので、ぜひスタッフにご相談をしてみて下さい!

専任のスタッフがお伺いさせて頂きます。

 

続いてはお母様の参列衣裳、「留袖」!

お着物には、訪問着や振袖、留袖といった様々な種類がありますが

お母様にお召し頂くお衣裳としては、黒留袖が最も格式高い衣裳となっております。

また、よくお客様の中から、ご両家お母様でそれぞれ好きなものを着ていいのか。といった質問を多く伺います。

ご結婚式でのご両家お母様の場合は、お召し頂く物を揃えて頂き、格を揃えて頂く事をおススメしております。

 

お留袖やお着物をお持ちではない、小物など何が必要なのか分からない。。。といった方もご安心下さい!

和婚スタイルでは、お母様のお留袖手ぶらプランというものを実施しております。

内容は名前の通り、手ぶらでお越し頂けるプランとなっているんです!

お留袖の柄も、古典的なものからレトロな物、洋風なデザインの物と種類を豊富に取り揃えておりますので

こちらもぜひ、スタッフにご相談ください!

 

 

一生に一回のご結婚式。

ゲストをお迎えする立場の親御様のお衣裳も、決して略式の物ではなく正式な物をお召しください!

ご不明点などございましたら、お気軽に和婚スタイルまでお問い合わせくださいませ。

http://www.wakon-style.jp/tokyo/

 

和婚スタイル浅草本店

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神社紹介~湯島天満宮~

2017.11.09

今回は東京都内で神前式をお考えの方におすすめ☆

人気№1の『湯島天満宮』をご紹介いたします!

 

湯島天満宮

 

湯島天満宮は東京で代表的な天満宮です。

とっても素敵なお庭もあり、梅の花も有名で2月中旬以降に見ごろを迎えます。

こちらのお庭はご結婚式をされる方のみが写真撮影が出来る特別な場所で、和装にはピッタリ!

 

庭園

 

また、もう一つの撮影スポット『太鼓橋』

太鼓橋は挙式前にご参列者の方とご一緒に参進をして頂くところになっていて、

屋根があり参進は雨が降っても安心して行うことが出来ます。

 

太鼓橋

参進

 

なお、10月下旬から11月上旬にかけては菊祭りがおこなわれており、太鼓橋や境内に色とりどりのお花があり華やかですね。

 

挙式にご参加いただける人数は50名様までとなっており、たくさんのご友人にも見守って頂けます。

 

初穂料は2017年まで80,000円(2018年から100,000円)

控え室料や挙式中の介添え、雅楽の生演奏込となっています。

 

アクセスもいいので遠方からくる方にも分かりやすいです。

こちらから http://www.yushimatenjin.or.jp/pc/access/map/f_map.htm

東京メトロ 湯島駅 (千代田線)徒歩2分

東京メトロ 上野広小路駅(銀座線)徒歩5分

都営地下鉄 上野御徒町(大江戸線)徒歩5文

JR 御 徒 町 駅(山手線・京浜東北線)徒歩8分

 

ご興味のある方は是非一度ご来社してみてはいかがでしょうか。

 

和婚スタイルにて詳しい話を聞きたい方は

https://www.wakon-style.jp/tokyo/form/reserve/

こちらからお問い合わせください。

 

和婚スタイル浅草本店

タキシードの人気スタイル5選!

2016.12.08

こんにちは。和婚スタイル東京店です。

本日は タキシードの人気スタイリング についてご紹介致します。

ご新婦様をエスコートするご新郎様のご衣裳はタキシード

きっちりとした印象でより一層素敵に見せてくれる事でしょう。

 

タキシードとは本来は夜に着用される男性の礼服の一つですが、現在は婚礼服として多く用いられています。

イギリスではディナー・ジャケット(会食服)、その他の欧州諸国ではスモーキング(smoking, 喫煙服)と呼ばれているそう。

 

早速タキシードを紹介して参りたいと思います。

 

 

 

1.discerning bordeaux

image00000081

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

光沢ある黒に赤のラインがシャープに栄えるデザインが特徴です。

 

 

 

 

2.bobo bobo

image00000082

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シンプルなデザインの中に蝶ネクタイをポイントに用いています。

 

 

 

 

3.reon

thumbnail00000083

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二次会など肩肘の張らない会にオススメのコーディネイト。

 

 

 

 

4.Tree climbing

thumbnail00000084

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おふたりのテーマに合わせて、蝶ネクタイもご自由に選んでいただくことができます。

 

 

 

5.Silhouette

thumbnail00000085

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個性派シャツに合わせるのはシンプルなネイビーのネクタイでスタイリッシュに。

 

 

 

 

以上5つを紹介させていただきました。

気になるタキシードはございましたか?

 

他にも数多くの種類をご用意しております。

和婚スタイルのホームページも是非ご覧くださいませ。

http://www.wakon-style.jp/tokyo/costume/

 

12月に入りますます寒さもまして来ていますので

みなさまお体には気を付けてお過ごしください。

花嫁衣裳の種類のご紹介

2016.11.13

11月に突入に、最近はもう秋ではなく冬かと思うくらい

寒くなってきましたね。

 

みなさん、体調には気を付けてお過ごしください。

 

どうも皆さんこんにちは

和婚スタイル東京店です。

 

今週のブログは、タイトルにも書いていますが、

花嫁衣裳の種類について少し説明をしていきたいと思います。

 

では、早速紹介していきたいと思います。

 

 

白無垢

純白の伝統衣装に身を包み、神社結婚式を最も格式高い和装の正礼装

p_01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白無垢とは、挙式だけに着る礼服で白い掛下に白い打掛を羽織り、

帯や小物に至るまですべてを白一色に統一した装いのこと。室町時代ごろに広まった、

最もポピュラーな和の花嫁衣裳です。
純粋無垢を表す「白」は「これからどんな色にも染まります」という花嫁の思いのあらわれ。

もともと神に仕える時の衣裳が白であったことから、結婚を神に報告する婚礼の

儀式で用いられるようになったといわれています。
髪は文金高島田に結い上げ、挙式では綿帽子または角隠しで覆います。

胸元には懐刀(刀)と箱迫(鏡や櫛などを入れる入れ物)または懐紙入れを、

手には金または銀の扇子を持つのが正式な装いです。
清らかなイメージを強調するなら、白無垢に勝る衣裳はありません。

神社での「和婚」によく使われる日本伝統の衣裳です。

レンタル衣装として多数取り揃えています。

 

 

色打掛

白と鮮やかな色打掛の美しいコントラストより艶やかに、華やかに

p_02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白またはピンクなどの色掛下に、鮮やかな打掛を羽織る装いのこと。

打掛は室町時代以降の武家女性の礼装とされ、江戸時代に入ると裕福な

町人などにも普及しました。婚礼の衣裳としては白い着物の上にはおって裾をひく、

金糸や銀糸で豪華に吉祥文様を織り上げた豪華な着物を「色打掛」と呼ぶようになりました。
色打掛に織り込まれる文様は、二人の門出を祝うものや幸せを願う意味が

こめられたものが刺繍されています。代表的なものとして、赤をベースに、

花や日本の四季、鶴や亀といったおめでたい柄を刺繍したものが上げられます。

様々な文様をレンタルにてご用意しております。
髪は文金高島田に結い上げ、挙式では角隠しで覆います。

白無垢同様、箱迫や懐剣、末広などの小物を身につけて臨みます。

 

引振袖

華美で優雅なシルエット江戸時代から受け継がれる花嫁衣裳

p_03

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引振袖は、江戸時代から明治時代にかけて大家の女性たちの礼装の名残とされています。

格調高く華やかな印象を与える装いで、白無垢よりも前に存在し、

挙式の正装としても通用する伝統ある婚礼衣裳です。その中でも、

黒引きは明治政府が黒を男の正装の色としたのに準じ、花嫁も黒地に五ッ紋、

袖に模様がある振袖をお引きで着るのが主流になりました。

 

明治時代の中期ごろは、お引きは未婚女性の礼服とされており、

もともとは日常の着物も袖を引きましたが、大正時代ごろから花嫁衣裳にだけ残り、

代表的な衣裳になりました。
引振袖の魅力は、小物も含めて色や柄で選べることです。

伝統色である黒や赤、白の着物にパステルカラーの抱え帯や

帯揚げを組み合わせることができ、クラシックな中にもモダンな表情を作り上げることができます。

 

 

以上3着が花嫁衣裳となります。

いかがだったでしょうか、お好みの衣装はありましたか?

 

 

上記3つの衣裳は種類で、その中でもいろいろな柄があるんですよね。

これは、前ブログでも少しだけ紹介させて頂いています。

 

もっと詳しく種類を知りたい! という方は

http://www.wakon-style.jp/tokyo/costume/article_01.html

こちらのURLから見ることができますので

ぜひご覧になってくださいませ。

和装ヘアスタイル

2016.11.04

今回は、結婚式当日のヘアスタイルをご紹介をしていこうと思います。

皆様が神社での結婚式を想像された時、ヘアスタイルはどんな感じでしょうか?

まずはお衣裳が大事ですが、ヘアスタイルも重要です。

 

【お鬘+綿帽子】

0069_compressed

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0118_compressed

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かつらの上にかぶる絹製の布。

白無垢を着て行う神前挙式でのみ用いるもので、お食事会や披露宴では外します。

 

 

【お鬘+角隠し】

0111_compressed

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0158_compressed

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本来の意味合いは、武家の子女が外出する際の塵除けでしたが、

戦後に花嫁スタイルとして定着。綿帽子同様、挙式時のみに用います。

 

 

【和装洋髪】

AN_1007-300x200

 

 

 

 

 

 

 

AN_1050-200x300

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご自身の髪をご希望にあわせて結い上げます。綿帽子をかぶることもできます。

鬘にはちょっと抵抗が・・・という方に、オススメです。

お花の付け位置や種類によっても雰囲気が変わりますよ。

 

 

 

花嫁様、お一人お一人が世界で一番輝く一日を過ごして頂ける様、

ヘアメイクスタッフはもちろん、全スタッフでサポートさせて頂きます。

まだ、間に合う! ウィンタープラン

2016.10.28

皆さんこんにちは

和婚スタイル東京店です!

 

今週のブログは、プランについて少し紹介をしていこうと思います。

 

今回紹介するプランはと言うと…

タイトルにもある通り、

「まだ、間に合う! ウィンタープラン」についてです!

bnr_winter

 

 

 

 

 

 

このプランの内容は、来年2017年1月・2月に挙式を挙げたい方向けで

 

上の画像に書いてある通り衣裳2着目が無料になり、

さらに、土日祝の追加料金なしになります!

通常の土日祝は追加料金として+2万円頂いているのですが、

このウィンタープランで挙式を挙げるとこの2万がなしになるという

かなりお得なフェアとなっています。

 

今、いつどのタイミングで挙式を上げようか悩んでいる方は

是非これを機に考えてみてください。

 

もっと詳しいこのプランの内容は、

http://www.wakon-style.jp/tokyo/campaign/detail_12.html

上のリンクから見ることができます。

 

少しでも結婚式のお役になれば嬉しいです。

 

 

和婚の魅力

2016.10.23

10月も下旬に入り、すっかりと秋を感じる季節となりした。

しかし、朝、昼、夜での気温差が不安定な日が続いている気がします。

 

 

体調には気を付けてお過ごしくださいね。

 

どうも皆さんこんにちは

和婚スタイル東京店です。

 

今週のブログは、タイトルにもある通り

和婚の魅力について、紹介していこうと思います。

 

では、早速紹介していきたいと思います。

 

”日本人として生まれて”

日本古来の伝統的な結婚式のかたち。

それが神社結婚式です。

日本人として生まれたからこそ

日本の神様に生涯を誓うことこそが、

大切だと考えます。

 

”和装が着れる”

伝統の白無垢から、色仕掛、引き袖まで、

花嫁様だけが着られる日本の伝統衣装を着て結婚式を。

ヘアメイクは、新郎様のイメージをナチュラルに表現、

艶やかに出演します。

 

”家族のことを考えて”

ご両親や、おじい様、おばあ様と

同じかたちで結婚式を挙げたい。

そんなお声をよく耳にします。

ご家族だけで、

厳かで、あたたかな結婚式を

きっとご家族も喜んでくれるはず。

 

 

”そんな派手さは必要ない”

派手な結婚式は自分たちらしくない。

近年結婚式を挙げないおふたりが増えているそう。

派手な結婚式じゃなくてもいい。

静かに、厳かに。

結婚の証を残すことが、大切と考えます。

 

いかがだったでしょうか。

これが、上記4つが和婚の魅力と言えるでしょう!

 

今回紹介した、この和婚の魅力は

和婚スタイルのHPでもご覧いただけます。

ぜひご覧ください。