福岡縣護国神社
|福岡|格安の神前式・神社結婚式

福岡縣護国神社ふくおかけんごこくじんじゃ

-神社について-

福岡縣護国神社

福岡縣護国神社について

明治元年、福岡藩主の黒田長知公をはじめ、県内の旧藩主等が明治維新で国難に殉じた人々を顕彰するため、招魂社を設立し、祭祀をおこなったのが始まりです。【福岡都心部の鎮守の杜】創建時に県民延べ15万人の勤労奉仕と3000本の献木で造成された人口の杜で喧噪とはかけ離れた、静寂の中にも清々しい雰囲気を醸し出しています。 【日本屈指の大きさを誇る、木製の鳥居】境内を囲む木々とともに、もうひとつのシンボルである大鳥居は高さ13m、柱の直径160cmのヒノキ製で、台湾から切り出され、博多港に陸揚げされました。巨木のため、当時の車での運搬は不可能だったので、学校児童の綱引きとコロ方式により運ばれました。

福岡縣護国神社のウェディング

永遠を誓うにふさわしい、光あふれる本殿。結婚の儀を行う本殿は、明るい光にあふれています。
内部は、花嫁にふさわしく「白」を基調としています。半屋内で冷暖房を完備しており、天候に左右されることもありません。神職が奏でる雅楽の生演奏が境内に響き渡り、白無垢姿の花嫁と紋付袴の花婿が、三三九度の盃を交わし、玉串という御神木を捧げて、夫婦の契りを交わす…参列の方々のあたたかい眼差しと、あふれる光に包まれて、静かに厳かに執り行われる式は感動もひと潮です。

PICK UP

福岡縣護国神社のご相談はこちらまで♪

福岡縣護国神社のご相談はこちらまで♪

担当プランナーが最適なプランをご案内します☆

福岡で神社結婚式をお考えの方、こちらからご相談予約を承っております!!
和婚について気になることを担当プランナーに相談してみませんか?
是非、和婚スタイル福岡であなただけの神社結婚式を♪

こちらの神社のお問い合わせは和婚スタイルまで。

神社一覧に戻る


Yahoo 電話 CV↓ Google 電話CV↓