和布刈神社
|福岡|格安の神前式・神社結婚式

和布刈神社めかりじんじゃ

-神社について-

和布刈神社

和布刈神社について

社伝で伝えられる限りでは神功皇后の三韓征伐後奉祀されたもので仲哀天皇9年(200年)創建とされました。
古くは「隼人明神」とも呼ばれました。 日本の代表的な海の神、比賣大神をはじめ5柱の神を祀り、福岡県の宗像大社や広島県の厳島神社の祭神としてよく知られている。又、九州最北端に鎮座し社殿すぐ前から望む関門海峡は日本の音風景100選にも選ばれています。素晴らしい情景を望める神社で、趣ある神前挙式を行なっていただけます。海峡の守護神として崇敬を集め、建武3年(1336年)足利尊氏、応永年間(1394年~1428年)大内義弘、天正3年(1575年)仁保常陸介などによる諸社殿の修築造営が伝えられています。現社殿は明和4年(1767年)小倉藩主小笠原忠聡の再建によるものです。神社名となっている「和布刈」とは「ワカメを刈る」の意であり、毎年旧暦元旦の未明に三人の神職がそれぞれ松明、手桶、鎌を持って神社の前の関門海峡に入り、海岸でワカメを刈り採って、神前に供える「和布刈神事」(めかりしんじ)が行われます。和銅3年(710年)には神事で供えられたワカメが朝廷に献上されているとの記述が残っていおり、福岡県の無形文化財に指定されています。
(和布刈神社HP、Wikipedia)

和布刈神社のウェディング

和布刈神事は、第十四代仲哀天皇九年、神社創建以来続いた神事で、発端の古く荘重な事は社殿が渦潮だぎる景地に有す事など、相伴って全国諸神社中有名な神事である。

PICK UP

和布刈神社のご相談はこちらまで♪

和布刈神社のご相談はこちらまで♪

担当プランナーが最適なプランをご案内します☆

福岡で神社結婚式をお考えの方、こちらからご相談予約を承っております!!
和婚について気になることを担当プランナーに相談してみませんか?
是非、和婚スタイル福岡であなただけの神社結婚式を♪

こちらの神社のお問い合わせは和婚スタイルまで。

神社一覧に戻る


Yahoo 電話 CV↓ Google 電話CV↓