護王神社|大阪|格安の神前式・神社結婚式

  >     >   護王神社

護王神社ごおうじんじゃ

神社一覧に戻る

コンテンツ

護王神社

護王神社について

護王神社は京都御所の西側、烏丸通に沿いに鎮座する神社で、歴史と京の趣きを感じる神社です。

護王神社の表門には「京都の巨樹銘木百選」に選ばれた樹齢100年を越えるご神木のカリンの木が見守っています。

江戸時代末の嘉永4年(1851)、孝明天皇は清麻呂公の歴史的功績を讃えて正一位護王大明神の神階神号を授けられ、明治7年(1874)には「護王神社」と改称して別格官幣社に列せられました。
明治19年(1866)、明治天皇の勅命により、華族中院家邸宅跡地であった京都御所蛤御門(はまぐりごもん)前の現在地に社殿を造営し、神護寺境内からご遷座。後に姉君の和気広虫姫も主祭神として合わせ祀りました。
その後、崇敬者により境内の霊猪像(狛いのしし)が奉納され、「いのしし神社」とも呼ばれ親しまれています。

護王神社のウェディング

護王神社の神前挙式は、お二人の弥栄を祈る神楽舞に雅楽の生演奏、京都の神社結婚式でもめずらしい挙式後の人力車の乗車が人気です。


フォトギャラリー

護王神社のウェディングの様子02 護王神社のウェディングの様子03 護王神社のウェディングの様子04 護王神社のウェディングの様子05 護王神社のウェディングの様子06

PICK UP

護王神社のご相談はこちらまで♪

護王神社のご相談はこちらまで♪

担当プランナーが最適なプランをご案内します☆

京都で神社結婚式をお考えの方、こちらからご相談予約を承っております!!
和婚について気になることを担当プランナーに相談してみませんか?
是非、和婚スタイル京都であなただけの神社結婚式を♪


詳しくはこちら

こちらの神社のお問い合わせは和婚スタイルまで。

square

ご相談予約

神社一覧に戻る


-お問い合わせはこちら-

お問い合わせ

和婚について


  • 和婚のいろは
  • よくあるご質問
  • 料金表