坐摩神社 (通称ざまじんじゃ)|大阪|格安の神前式・神社結婚式

  >     >   坐摩神社 (通称ざまじんじゃ)

坐摩神社 (通称ざまじんじゃ)ざまじんじゃ

神社一覧に戻る

コンテンツ

坐摩神社 (通称ざまじんじゃ)

坐摩神社 (通称ざまじんじゃ)について

当社の創祀には諸説がありますが、神功皇后が新羅より御帰還の折、淀川南岸の大江、田蓑島のちの渡辺の地(現在の天満橋の西方、石町附近)に奉祀されたのが始まりとされています。

平安時代の「延喜式」には攝津國西成郡の唯一の大社と記され、産土神として今日に至っています。また朱雀天皇の御代、天慶2年(939)以来祈雨11社中に列し、以後たびたび祈雨〔雨乞い〕のご祈請・奉幣に預かりました。
坐摩神社行宮
     <坐摩神社行宮>

天正10年(1582)豊臣秀吉の大坂築城に当たり替地を命ぜられ、寛永年間現在地に遷座されました。現在の鎮座地名を渡辺と称するのも、元の地名が移されたもので、全国の渡辺・渡部等の姓の発祥の地でもあります。旧社地と伝えられる石町には現在も当社の行宮(御旅所)が鎮座されています。

坐摩神社 (通称ざまじんじゃ)のウェディング

坐摩神社 (通称ざまじんじゃ)のウェディング

ご本殿にて古式ゆかしき神前結婚式を厳粛に執り行っております。
式場の拝殿には最大60名までご参列頂けます。ご親族からご友人まで多くの方に祝福して頂けます。


フォトギャラリー

坐摩神社 (通称ざまじんじゃ)のウェディングの様子02 坐摩神社 (通称ざまじんじゃ)のウェディングの様子03 坐摩神社 (通称ざまじんじゃ)のウェディングの様子05

PICK UP

坐摩神社 (通称ざまじんじゃ)のご相談はこちらまで♪

坐摩神社 (通称ざまじんじゃ)のご相談はこちらまで♪

担当プランナーが最適なプランをご案内します☆

大坂で神社結婚式をお考えの方、こちらからご相談予約を承っております!!
和婚について気になることを担当プランナーに相談してみませんか?
是非、和婚スタイル京都であなただけの神社結婚式を♪


詳しくはこちら

こちらの神社のお問い合わせは和婚スタイルまで。

square

ご相談予約

神社一覧に戻る


-お問い合わせはこちら-

お問い合わせ

和婚について


  • 和婚のいろは
  • よくあるご質問
  • 料金表