服部天神宮|大阪|格安の神前式・神社結婚式

  >     >   服部天神宮

服部天神宮はっとりてんじんぐう

神社一覧に戻る

コンテンツ

服部天神宮

服部天神宮について

御鎮座の時期については詳らかでないものの、帰化人集団「秦氏」が允恭天皇の御世(412年 - 453年)に織部司に任じられ、当地を服部連の本拠とした際、外来神の少彦名命(医薬の神)を祀ったのが始まりとされる。この頃はまだ、小さな祠だったという。

783年(延暦2年)、藤原魚名は大宰府に左遷され筑紫国へ向かったものの、当地で病没。祠の近くに葬られた(「川辺左大臣藤原魚名公の墓」が今も境内に残る)。約100年後の延喜元年(901年)、菅原道真が魚名と同様、大宰権帥として左遷され任地へ赴く途中、当地で持病の脚気に襲われ動けなくなった。そこで里人の勧めるまま、路傍の祠と魚名を祀る五輪塔に平癒を祈念したところ、たちまち健康を取り戻して任地へ辿り着けた、との言い伝えがある。菅原道真の没後、天神信仰の高まりと共に当社にも菅原道真を合祀することとなり、新たに堂宇が建立された。この頃から「服部天神宮」と呼ばれるようになり、菅原道真の故事にちなみ「足の神様」として崇敬を受けた。

近世に入ると、当地が能勢街道の宿場町だったこともあって徐々に門前市を成すようになり、中でも江戸時代後期の文化年間(1804年 - 1817年)、文政年間(1818年 - 1829年)には殷賑を極めたという。

服部天神宮のウェディング

最寄駅より徒歩1分


フォトギャラリー

服部天神宮のウェディングの様子02 服部天神宮のウェディングの様子03 服部天神宮のウェディングの様子04

PICK UP

服部天神宮のご相談はこちらまで♪

服部天神宮のご相談はこちらまで♪

担当プランナーが最適なプランをご案内します☆

大坂で神社結婚式をお考えの方、こちらからご相談予約を承っております!!
和婚について気になることを担当プランナーに相談してみませんか?
是非、和婚スタイル京都であなただけの神社結婚式を♪


詳しくはこちら

こちらの神社のお問い合わせは和婚スタイルまで。

square

ご相談予約

神社一覧に戻る


-お問い合わせはこちら-

お問い合わせ

和婚について


  • 和婚のいろは
  • よくあるご質問
  • 料金表