BLOG和婚スタイル京都のブログ

1000組達成!ありがとうキャンペーン

2016.10.13

どうも皆さんこんにちは

和婚スタイル京都店です

 

季節の変わり目はとても体調を崩しやすい時期なので

みなさま体調にお気を付けて過ごしてくださいませ

 

 

今週のブログは、キャンペーンについてのご紹介いたします

 

そのキャンペーンとは、

inr_main

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”1000組達成ありがとうキャンペーン”です!

 

2016年に和婚スタイルで挙式を挙げるお客様が1000組の達成を記念した

皆様に感謝を込めて送るキャンペーンです。

 

このプランは、2016年内にご成約されたお客様限定で

1000円オフの割引券がもらえるという、お得なキャンペーン!

 

しかも、総額100万円分の1000円チケットをご用意させていただきました!

 

いつ結婚式を挙げようか迷っている方は

今がチャンスです!

 

以上で1000組達成ありがとうキャンペーンの紹介を終わりにしたいと思います。

もっとキャンペーンについて詳しく知りたい方は、

 

http://www.wakon-style.jp/osaka/campaign/detail_10.html

 

詳細はHPからご確認くださいませ。

 

 

白無垢についてのご紹介 part2

2016.10.06

 

皆さんこんにちは
和婚スタイル京都店です

 

今年も残すところあと2ヶ月となりました。

10月とは思えない暑さですが、みなさま体調にお気を付けください。

 

 

今回のブログは、前回に引き続き

白無垢をご紹介いたします。

 

 

蔦と花

蔦と花

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蔦(唐草)は、どこで切っても、そこから根が出て、どんどん広がっていくため、

その生命力にあやかって家系の繁栄の願いを表している柄です。

大柄の刺繍が大変華やかな1着。日光に反射して白無垢ながらも華やかさを演出してくれるレンタル白無垢です。

 

 

重ね鳳凰

重ね鳳凰

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大柄の鳳凰が印象的な1着です。背中部分に大きく鳳凰の尾が広がり、

袖には孔雀の刺繍が入っておりゲストの目にとまるような豪華な衣裳です。

 

 

鶴と花

鶴と花

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

袖に刺繍されている花車(はなぐるま)は、絢爛豪華に咲き誇る四季の花をのせた花車。

平安時代の貴族たちが乗っていた牛車に、美しい花を積んで模様化。

四季折々の花々を組み合わせて描いているので、季節を問わない柄ですたくさんの花が前面に

刺繍された白無垢。縁起物の鶴も印象的です。

 

 

鳳凰と孔雀

鳳凰と孔雀

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不死鳥、フェニックス、火の鳥。有徳の天子の下、天下治まれば表れる瑞鳥とされる。

鶏や孔雀、獣を合体させた架空の鳥で、優美な姿が吉祥性を高めている。

不老不死を与え病気を治すといわれている。古代から中国では、おめでたい鳥として尊ばれています。

端鳥は空想上の鳥で、飛鳥時代から用いられる格調高い文様です。

大柄の鳳凰が特徴的な人気のレンタル白無垢です。

 

 

今回のブログは、先週から2週間に分けて白無垢についてご紹介をさせていただきました。

 

今回紹介させて頂いた白無垢は、HPにも掲載しております。

ぜひ、こちらもご覧くださいませ。

 

http://www.wakon-style.jp/kyoto/costume/#sub01

 

白無垢について紹介♪

2016.09.29

9月も気付いたらもうおしまい

来週から10月に入ります。

 

季節の変わり目で体調を崩しやすい時期ですが、

お身体に気を付けてお過ごしください。

 

どうも皆さんこんにちは

和婚スタイル京都店です*ゝω・)

 

今回は、白無垢について少し紹介したいと思います。

 

まず最初に、そもそも白無垢とは何なのかヽ(~~~ )ノ ハテ?

 

白無垢とは、上着・下着ともに白無地の服装。

また、染めていない白い反物のことをいいます。

 

簡単に言うと、真っ白な着物のことですね(*-ω-*)

 

遠目からだったり、パッと見だったっりすると全然区別がつかないのですが、

実は白無垢には、結構種類が存在するんですよね!

 

なので、今回は軽く、白無垢の種類について、2週間に分けて紹介したいと思います。

1つの記事でまとめて紹介すると、ものすごい長くなるので分割させて紹介しますね♪

 

 

重ね鶴

重ね鶴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鶴(つる)の模様は、延命長寿の象徴とされる瑞鳥。品格あふれる美しい姿から、

婚礼衣装に多く用いられる吉祥文様。 同じように吉祥の意味を持つ松や亀、瑞雲などと組み合わせられることも多いです。

鶴の柄行きがオーソドックスで大変人気のレンタル衣装です。

 

花鶴

花鶴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

芍薬の花言葉は、「恥じらい」「はにかみ」「内気」「清浄」と言う意味合いがあります。

和装に最も似合う花柄の一つです。

鶴と華やかな花柄が印象的な衣装。オーソドックスな柄行きはレンタル衣装で最も人気です!

 

 

小花と鶴

小花と鶴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小花は洋風のお花が刺繍されており、和のお花と比べてオシャレな柄です。

鶴文様も入っているので和と洋のコラボレーションがとても素敵な1着です。

どの年齢層の方でも華やかに着こなせます。

 

 

紅花鶴

紅花鶴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あかふきの衣裳は、おしゃれに敏感な花嫁様に人気があります。

また、紅白のコントラストは縁起がいいだけでなく、顔映りも良くする効果もあります。

赤色(朱色)の意味は、神社の鳥居に朱赤を使われるように、魔力に打ち勝ち幸いを防ぐ意味があるそうです。白無垢に赤

ラインが映える人気のレンタル衣装。赤ラインの入った綿帽子とセットがオススメ。

 

 

鳳凰

鳳凰

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鳳凰(ほうおう)の柄は、古来中国より言い伝えられてきた伝説上の鳥。

平和で幸せな世界が実現されるときに現れる瑞鳥と言われており、

また華麗で優美な姿をしているため、飛鳥時代より広く好まれる文様です。

 

 

今回は、以上5つ紹介させて頂きました。

来週のブログは今回の続きであと4つほど白無垢について紹介させて頂きます!

少しでも白無垢について知ってもらえたら嬉しいです(*´∀`*)ノ.+゚

 

京都店 人気神社 part2♪

2016.09.22

9月ももう下旬になり、気温の方も

だいぶ落ち着いてきて過ごしやすくなったのではないでしょうか(・ω・。)

 

どうも皆さんこんにちは

和婚スタイル京都店です(・∀・*)

 

 

今回のブログは、前回の京都店での人気神社の続きで

3位~1位の紹介をしていきたいと思いますヾ(´c_,`*)

 

ぜひ、これから挙式を挙げようと考えているかたで、どこの

神社にしようか悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください(oゝω・o)ノ))

 

 

では、さっそく3位の方から紹介していきたいと思います!

 

豊国神社(とよくにじんじゃ)

 

main_img00000146

 

 

 

 

 

 

 

 

 

豊国神社は、京都市東山区に鎮座する神社。

緑豊かで自然に囲まれた解放感のある拝殿での挙式が魅力。

正式名称は「とよくにじんじゃ」ですが、地元京都の方からは「ほうこくさん」と呼ばれ、親しまれています。

また歴史的な面でも桃山時代の雰囲気を色濃く伝える国宝・唐門は威厳に満ちており、訪れる人を魅了し続けています。

 

 

続いて2位は、

下鴨神社(賀茂御祖神社) (しもがもじんじゃ)

 

main_img00000142

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正式には「賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)」とよびます。京都は鴨川を中心に町づくりがなされており、

鴨川の下流にまつられているお社というところから「下鴨(しもがも)さん」とか「下鴨神社(しもがも)」と

親しくよばれています。下鴨神社の東西の両本殿はともに国宝に指定されており、

国家国民の安穏と世界平和をご祈願する守護神であるとともに、厄除、縁結、安産、子育、交通安全など人々の暮らしを守る神様です。

 

 

最後に1位の紹介です!!

上賀茂神社(かみがもじんじゃ)

 

 

img_ts05_01_compressed

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上賀茂神社は非常に歴史深く、京都最古の神社です。

そして、雷(いかづち)の御神威により、厄を祓いあらゆる災難を除き給う

厄除(やくよけ)明神・落雷除・電気産業の守護神として広く信仰されています。

 

また、桓武天皇の御代に都が京都に遷されて以来、皇城鎮護の神、鬼門の守り神、総地主の神として崇められ、

今日も建築関係等の方除祈願が多くございます。

 

 

今回のブログは先週から2週間に分けて東京店の人気神社の紹介をとても簡単でしたが、

紹介させていただきました。

 

今回紹介させて頂いた神社のもっと詳しい内容は、HPでみることができます

ぜひ、もっともっと詳しいことを知りたい方は、そちらをご覧ください。

 

http://www.wakon-style.jp/kyoto/list/

 

どこで神社挙式を挙げようか、考えていたり、悩んでいる方は参考にしてもらえると嬉しいです(*´∀`*)ノ.+゚

 

京都店 人気神社♪

2016.09.15

9月も今日で半分が過ぎようとしています。

先月に比べると、過ごしやすくなりましたね。

 

9月と言えば、運動の秋であったり、芸術の秋だったりと言われていますよね。

 

そして、実はブライダルの秋でもあるんです(oゝω・o)ノ))

 

どうも皆さんこんにちは

和婚スタイル京都店です(≧∀≦*)

 

今回は、ブライダルの秋ということもあって、結婚式を挙げる方が多くなると思うので

参考までに京都店での、人気神社ランキング6位から4位を紹介したいと思います。

 

では、早速6位から

平安神宮(へいあんじんぐう)

 

heian-jingu

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平安神宮(へいあんじんぐう)は、京都府京都市左京区にある神社である。平安神宮は平安遷都1100年を記念して、平安京当時の朝堂院を復元した神宮明治28年に遷都のおや神様である第50代桓武天皇をご祭神として創建されました。

 

続て5位は

護王神社(ごおうじんじゃ)

 

goou-jinjya

 

 

 

 

 

 

 

 

 

護王神社は京都御所の西側、烏丸通に沿いに鎮座する神社で、歴史と京の趣きを感じる神社です。

護王神社の表門には「京都の巨樹銘木百選」に選ばれた樹齢100年を越えるご神木のカリンの木が見守っています。

江戸時代末の嘉永4年(1851)、孝明天皇は清麻呂公の歴史的功績を讃えて正一位護王大明神の神階神号を授けられ、明治7年(1874)には「護王神社」と改称して別格官幣社に列せられました。
明治19年(1866)、明治天皇の勅命により、華族中院家邸宅跡地であった京都御所蛤御門(はまぐりごもん)前の現在地に社殿を造営し、神護寺境内からご遷座。後に姉君の和気広虫姫も主祭神として合わせ祀りました。
その後、崇敬者により境内の霊猪像(狛いのしし)が奉納され、「いのしし神社」とも呼ばれ親しまれています。

 

 

最後に4位は

吉田神社(よしだじんじゃ)

 

-002_compressed

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吉田神社は、豊かな緑たたえる吉田山、別名神楽岡と呼ばれる霊域に859年創建されて以来、京の都の守護神として崇められてきた吉田神社。
4柱の神は厄除招福の御神徳を授け、中でも3殿4殿の神は夫婦神であり古来より良縁・夫婦和合の神として信仰を集めている。
吉田神社の婚儀は四季折々の自然を感じながら、朱の鮮やかな本宮にて厳粛に執り行われます。

 

 

今回は京都店の人気神社を6位から4位まで紹介しました。

次回の記事は3位から1位を紹介していこうと思っています(・ω・。)

 

今回紹介した神社のもっと詳しい内容は、HPの神社検索のところから見ることができます。

http://www.wakon-style.jp/kyoto/list/

どこで神社挙式を挙げようか悩んでいる方は参考にしてもらえると嬉しいです(*´∀`*)ノ.+゚

 

 

店舗一覧