BLOG和婚スタイル大阪のブログ

神社結婚式 三三九度について

2018.04.15

どうも皆さんこんにちは。

和婚スタイルでございます。

 

今回のブログですが、式次第について紹介していこうと思います。

神前式の式次第は、神社によって多少変わりはありますが、大きなアレンジはされておりません。

その中でも、今回ご紹介させていただくのが『三献の儀』です。

 

この三献の儀は、新郎新婦がお神酒で三三九度の盃を交わす儀式で、三三九度の盃とも呼ばれております。

この儀式は、三段に重ねられた盃を上から順番にひとつの盃で新郎新婦交互に三回、

合計九回いただく作法だったことから、三三九度と言われる様になりました。

お酒を次ぐときも三度傾け三度目で盃に注ぎ、飲むときにも1.2度目は口をつけるだけで

三度目に飲むのが一般的な作法です。

-2111

 

飲む時は、一の盃(小)を新郎→新婦→新郎

二の盃(中)を新婦→新郎→新婦

三の盃(大)を新郎→新婦→新郎 の順で行われております。

 

 

現在ではお酒の注ぎ方や飲み方は同じなのですが、

一の盃(小)新郎→新婦

二の盃(中)新婦→新郎

三の盃(大)新郎→新婦  で執り行われるとこも増えてきました

この 『三三九度』にはご新郎ご新婦様が杯を交わすことに契りを結ぶという意味があります。

他にも、お神酒を一つの器で共に飲むことにより一生苦労を共にするという誓いを意味しています。

今では、この儀式は神前式だけでなく、人前式でも執り行われることも多くなってきているようです。

 

今回は三献の儀についてご紹介をさせていただきましたが、他にもあります!

儀式についてだけではなく、神社についてなどもこれからご紹介をさせていただきたいと思います。

こういった式の内容についてや神社についてなど、

ご興味を持っていただけましたら、是非一度ご相談にご来店下さいませ。

rKS1_0241

 

大阪店へのご来店は下記より

https://www.wakon-style.jp/osaka/form/reserve/

 

 

 

 

挙式シーズン♬

2018.04.01

こんにちは!

和婚スタイル大阪店でございます。

最近は、かなり暖かくなり桜のシーズンも終わりが近づいてきました。

季節の変わり目で体調を崩しやすい時期でございますので皆様体調にはお気を付けくださいませ!

本日は新緑の季節についてお伝えしていこうと思います。

今から結婚式の準備を始めようとしているあなた!最適なお時期がございます!

それは・・・5・6月でございます!

-074_preview

神前式の人気な時期は、春・秋と言われていますが、実は新緑の時期もおススメでございます。

雲ひとつない空の下、緑に囲まれた中で和装を着てお写真撮影。とても素敵でございます。

また、新緑の時期だからこそおススメする神社ももちろんございます。

気になる神社がございましたら空き状況などお調べさせて頂きますのでいつでもお気軽にお問合せ下さいませ。

そして毎日お気軽相談会も随時行っております。ご連絡お待ちしております。

当日のお電話でのご予約でも承っております。お時間ございましたらぜひお越し下さいませ。

白無垢についての紹介♪ part2

2018.02.02

 

どうも皆さんこんにちは
和婚スタイル大阪店です*ゝω・)

 

今回のブログは、前回に続いて

白無垢の紹介の続きになります♪

 

では早速紹介していきたいと思います(*´∀`*)ノ.+゚

 

 

蔦と花

蔦と花

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蔦(唐草)は、どこで切っても、そこから根が出て、どんどん広がっていくため、

その生命力にあやかって家系の繁栄の願いを表している柄です。

大柄の刺繍が大変華やかな1着。日光に反射して白無垢ながらも華やかさを演出してくれるレンタル白無垢です。

 

 

重ね鳳凰

重ね鳳凰

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大柄の鳳凰が印象的な1着です。背中部分に大きく鳳凰の尾が広がり、

袖には孔雀の刺繍が入っておりゲストの目にとまるような豪華な衣裳です。

 

 

鶴と花

鶴と花

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

袖に刺繍されている花車(はなぐるま)は、絢爛豪華に咲き誇る四季の花をのせた花車。

平安時代の貴族たちが乗っていた牛車に、美しい花を積んで模様化。

四季折々の花々を組み合わせて描いているので、季節を問わない柄ですたくさんの花が前面に

刺繍された白無垢。縁起物の鶴も印象的です。

 

 

鳳凰と孔雀

鳳凰と孔雀

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不死鳥、フェニックス、火の鳥。有徳の天子の下、天下治まれば表れる瑞鳥とされる。

鶏や孔雀、獣を合体させた架空の鳥で、優美な姿が吉祥性を高めている。

不老不死を与え病気を治すといわれている。古代から中国では、おめでたい鳥として尊ばれています。

端鳥は空想上の鳥で、飛鳥時代から用いられる格調高い文様です。

大柄の鳳凰が特徴的な人気のレンタル白無垢です。

 

 

今回のブログは、先週から2週間に分けて白無垢についての紹介をさせていただきました。

 

今回紹介させて頂いた白無垢は、HPで見ることができます。

ぜひ、もっと詳しく知りたい方は、ご覧になってください。

 

http://www.wakon-style.jp/osaka/costume/#sub01

 

どの白無垢で挙式を挙げるか迷っている方は参考にしてもらえると嬉しいです(*´∀`*)ノ.+゚

 

白無垢について紹介♪

2018.01.31

和婚スタイル大阪店です*ゝω・)

 

今回は、白無垢について少し紹介したいと思います。

 

まず最初に、そもそも白無垢とは何なのかヽ(~~~ )ノ ハテ?

 

白無垢とは、上着・下着ともに白無地の服装。

また、染めていない白い反物のことをいいます。

 

簡単に言うと、真っ白な着物のことですね(*-ω-*)

 

遠目からだったり、パッと見だったっりすると全然区別がつかないのですが、

実は白無垢には、結構種類が存在するんですよね!

 

なので、今回は軽く、白無垢の種類について、2週間に分けて紹介したいと思います。

1つの記事でまとめて紹介すると、ものすごい長くなるので分割させて紹介しますね♪

 

 

 

重ね鶴

重ね鶴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鶴(つる)の模様は、延命長寿の象徴とされる瑞鳥。品格あふれる美しい姿から、

婚礼衣装に多く用いられる吉祥文様。 同じように吉祥の意味を持つ松や亀、瑞雲などと組み合わせられることも多いです。

鶴の柄行きがオーソドックスで大変人気のレンタル衣装です。

 

 

花鶴

花鶴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

芍薬の花言葉は、「恥じらい」「はにかみ」「内気」「清浄」と言う意味合いがあります。

和装に最も似合う花柄の一つです。

鶴と華やかな花柄が印象的な衣装。オーソドックスな柄行きはレンタル衣装で最も人気です!

 

 

小花と鶴

小花と鶴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小花は洋風のお花が刺繍されており、和のお花と比べてオシャレな柄です。

鶴文様も入っているので和と洋のコラボレーションがとても素敵な1着です。

どの年齢層の方でも華やかに着こなせます。

 

 

紅花鶴

紅花鶴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あかふきの衣裳は、おしゃれに敏感な花嫁様に人気があります。

また、紅白のコントラストは縁起がいいだけでなく、顔映りも良くする効果もあります。

赤色(朱色)の意味は、神社の鳥居に朱赤を使われるように、魔力に打ち勝ち幸いを防ぐ意味があるそうです。白無垢に赤

ラインが映える人気のレンタル衣装。赤ラインの入った綿帽子とセットがオススメ。

 

 

鳳凰

鳳凰

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鳳凰(ほうおう)の柄は、古来中国より言い伝えられてきた伝説上の鳥。

平和で幸せな世界が実現されるときに現れる瑞鳥と言われており、

また華麗で優美な姿をしているため、飛鳥時代より広く好まれる文様です。

 

 

今回は、以上5つ紹介させて頂きました。

来週のブログは今回の続きであと4つほど白無垢について紹介させて頂きます!

少しでも白無垢について知ってもらえたら嬉しいです(*´∀`*)ノ.+゚

人気の神社 大阪店

2018.01.12

こんにちは。
和婚スタイル大阪店です。

さて、今回は題名の通り大阪の人気の神社を紹介していこうと思います。
以前、神社のご紹介はさせて頂きましたので、今回は神前式を行う際に
気になる情報などをお伝えいたします。
一つ目の神社が『坐摩神社』

坐摩神社さまは大阪府大阪市中央区にある神社で、本町駅から徒歩3分の場所にあります。

こちらの神社さまは、挙式を行っていただく拝殿に最大60名までご参列が可能なのです。
神前式でもご友人もたくさん呼んで式をしたい方にはおススメの神社です。

 

-115

また、雅楽演奏がなく、CDで演奏を流す神社や、巫女舞いがない神社も多いですが、
こちらの神社で挙式を挙げる際は、生の雅楽演奏や巫女舞いがあるんです!
-138

生の雅楽の音が響き渡る中、参進をしていただくのは雰囲気抜群で神前式でしか味わう事の出来ない経験です。
雅楽の生演奏があるのを条件に神社を探される方もおられるほど、
こだわられる方はいらっしゃいます。

 

 

次にご紹介させていただく神社は、「枚岡神社」です。

枚岡神社は、大阪府東大阪市出雲井町にある神社で、枚岡駅を降りてすぐの神社です。

こちらの神社のおすすめポイントはなんといっても、自然の多さ。
土地が広く、ロケーション撮影のスポットもとても多く、スタッフイチオシの神社です!
和装での結婚式なら自然が多い神社の方が、きっと写真もきれいなはず。

 

そして、こちらの神社で挙式を挙げられるのは、1日1組限定なんです!
お二人でゆっくりしていただくのも良し、家族や友人など大人数でしていただくのも良しの神社です。
新郎新婦様が2組神社にいるといったことは絶対にない神社なので、
『自分達だけの挙式』『自然の中での挙式』が叶えられる神社になります。
-002

また、こちらの神社にも雅楽の生演奏と巫女舞いがあるんです!

大自然の中で境内に響き渡る雅楽の音、挙式の際に神様に捧げる巫女舞いのある
枚岡神社は新郎新婦様にもご参列の方にも、想い出に残る事間違いなし!

-143

 

今回ご紹介させていただきました2つの神社に共通される、雅楽と巫女舞い。
神社を決める条件に多いのがアクセスや初穂料なのですが、
せっかくの神社での結婚式に神社ならではの雅楽や巫女舞いなども
決定のポイントにしてみてはいかがでしょうか。

 

今回のご紹介神社の詳細やプランの詳細等は、HPにて掲載中です。
その他にも気になる事等ありましたら、お問合せ受付中ですので
些細な事でも是非お問合せください。

お問合せフォーム https://www.wakon-style.jp/osaka/form/contact/

 

店舗一覧