BLOG和婚スタイル東京のブログ

色打掛についてご紹介

2016.09.23

今週は祝日も2日あり、気温も下がり

ゆっくりと過ごせたのではないでしょうか。

 

どうも皆さんこんにちは

和婚スタイル東京店です。

 

 

今回のブログは、神前結婚式の時に着る

衣裳の色打掛について紹介させていただきたいと思います。

 

 

色打掛にも数がたくさんあり、色々と目移りしてしまう人もいるのではないでしょうか

なので、何週間かに分けて色打掛について紹介していこうと思います。

 

多分2~3週間に分けて紹介する形になると思います。

 

では、まず1つ目

花王鳥王

花王鳥王

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きく鳳凰が描かれた色打掛。
金の刺繍が豪華でとても目を引きます。
気品あふれる花嫁様を演出してくれます。

 

 

華鳳凰

華鳳凰

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

濃紺の生地に小花と鳳凰が刺繍されているので柄が引き立つ1着です。
華やかな柄行きが、落ち着いた大人の女性を表現します。

 

 

翔鶴花車

翔鶴花車

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上からピンクとブルーのグラデーションが華やかできれいな衣裳です。
花車のお花が大小刺繍されているので、可愛らしさ溢れる1着です。
さらに、お顔元を明るくする美しい打掛です。

 

 

紅花車

紅花車

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白地に赤いお花が所々に刺繍されているのでコントラストがきいて、華やかな着物です。
純白の色味なので、白無垢の変わりに選ばれる方も。

 

 

朱鳳凰

朱鳳凰

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鮮やかな朱色が目を引く色打掛。
鳳凰の柄行きは縁起が良いと言われているため、婚礼衣装に使われる柄は多いです。

 

 

箕面

箕面

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金色に輝く華やかな色打掛。
色とりどりのお花がカワイイ人気の打掛です。

 

こんな感じで簡単ですが、今回は

6つ紹介させていただきました。

 

 

少しでも色打掛について知ってもらえたら嬉しいです。

«前の投稿「」              次の投稿「」»

ブログ一覧へ

ご予約・お問い合わせはこちらから

店舗一覧