BLOG和婚スタイル東京のブログ

色打掛についてご紹介<part2>

2016.09.30

今日で9月ももう終わってしまいますね。

これからは、季節の変わり目で体調を崩しやすくなる時期だと思いますが

 

みなさん、体調には気をつけてください。

 

どうも皆さんこんにちは

和婚スタイル東京店です。

 

今回のブログの内容は、前回に続いて

色打掛の紹介の続きになります。

 

では早速紹介していきたいと思います。

 

 

黄金花鳥

黄金花鳥

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シックな色合いの色打掛。
淡く大人っぽい柄行きにもやっぱり華やかさをプラスして、大人の女性を演出します。

 

 

紅黒飛翔

紅黒飛翔

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴールドと黒、赤をふんだんに使ったゴージャスな柄行きです。
打掛はやっぱり赤、でも少し変わったデザインがいい、という方に人気の1着です。

 

 

紅鶴

紅鶴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お祝い事にはふさわしい赤い打掛と白い鶴の柄で、王道ともいえる色打掛ですが、
昔から変わらず大変人気な衣装です。

 

花扇

花扇

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花扇とは、7種の草花を束ねて扇の形に作り、檀紙(だんし)で包み、水引をかけた花束。近世、七夕に近衛家から宮中に献上された。
花と御所車、金糸が美しい華やかな柄行きが大変人気です。

 

金鶴

金鶴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金鶴の衣裳は、金糸とふんだんに使用した豪華でインパクトのある華やかな1着です。
また、優しい印象のパステルカラーを使った、トレンド感満載の色打掛。大変人気の衣装です。

 

 

今週は以上5つを紹介いたしました。

 

先週から2週間に分けて色打掛について紹介させていただきましたが、

実は色仕掛にはまだまだ種類があります!

 

そこで、もっと他の色打掛も知りたい!という方は

http://www.wakon-style.jp/tokyo/costume/#sub02

HPから確認してください。

 

きっとあなたの気に入るものがあるはずです。

 

少しでも興味を持っていただけたら嬉しいです。

«前の投稿「」              次の投稿「」»

ブログ一覧へ

ご予約・お問い合わせはこちらから

店舗一覧