IROHA和婚のいろは

神社と神前式

神社挙式とは

神の前で結婚を誓う
日本の伝統的な挙式スタイル

神社とは、神さまを祀る神聖な場所を意味します。日本では昔から自然の力をおそれ、感謝しながら生活をしていました。石や山、森、島などの自然が豊かな場所には神様が宿ると考えられ、その神様をお迎えする聖地として神社が建てられるようになったのです。
神社挙式が行われるようになったのは明治の終わりの頃のことで、明治33年に大正天皇がご成婚の際に執り行われたはじまりと言われています。
お宮参りや七五三、初詣など人生の節目に神社を訪れることの多い神社は、挙式を行っている神社であればどなたでも挙式をお申込むことができます。

神社挙式の歴史

日本の結婚式の始まりは、天上の神々から国づくりの命を受けた伊邪那美の二柱の神さまが夫婦となり、
日本の国土と多くの神々をお生みになった神話であると伝えられています。
平安時代に行われていた結婚の儀式は、現代の皇室の御婚儀にも受け継がれています。
「家」を重んじた武士の時代になると、家の床の間にある座敷で神さまのお名前を記した掛け軸の前にお供えをし、
御神酒で盃を交わす結婚式が行われるようになりました。神々を祀る床の間を中心にした結婚の儀式は公家、大名、武士、庶民へと広く普及しました。
明治三十三年、当時皇太子であられた大正天皇のご結婚の礼が皇居内の賢所で行われました。
このご慶事を記念して、東京の日比谷大神宮(現在の東京大神宮)では翌年、
一般の人々に向けた神社挙式がとり行われました。これが世の中の注目を集め、今日のような神社挙式が始まったのです。
その後、神社挙式は広く普及し、日本の結婚式の代表的な形となって現在に至っています。
そこには、人生の節目など、暮らしの中に神々を祀ってきたわが国の伝統が息づいています。

神社の施設

一般的な神社施設
鳥居
神社の玄関にあたる鳥居は、そこから先が神様の聖域であることをします。
参道
参拝のための道は、神様の通り道でもあります。歩くときは真ん中を歩かずに端を歩くようにしましょう。
手水舎
参拝者が手と口を清めるためのものです。
舞殿
神楽などの舞や音楽を奉納する建物です。
宝物殿
宝物などを収める建物です。
社務所
神社の事務所で、お守りやおみくじなどの授与もなされています。
神木・磐座
神様が宿るとされる木や岩を祭ったものです。柵で囲われており、しめ縄がかけられています。
狛犬
社殿を守る霊犬のことです。
拝殿
参拝者がお参りをしたり、祈祷を受けたりするところです。
本殿(神殿)
人が入ることを許されていない神様が鎮座するところです。
摂社・末社
本殿の御祭神と関係の深い神様が祭られています。神社の中にある他の神社ということになります。
参拝に行ったときは、摂社・末社も参拝しましょう。

店舗一覧