春日神社 (福岡県春日市)

【公式】春日神社 (福岡県春日市)掲載認定

春日神社 (福岡県春日市)かすがじんじゃ

春日神社は、後の天智天皇となる中大兄皇子(626年~672年)が長津の宮(現在の高宮)に居られる時、春日の地に天児屋根命を祀られたことに由来します。天児屋根命は、春日権現とも呼ばれ、神仏習合の神といわれています。
時は神護景雲二年(768年)。太宰大弐であった藤原田麿は、春日の地に藤原家の祖神である天児屋根命が祀られていることを知ります。
そこで、参拝した後に、故郷である大和の国(現在の奈良)の春日大社から、雷の神・剣の神といわれる武甕槌命、その武甕槌命と関係が深いといわれる経津主命、姫大神を迎え、神社を創建することとなりました。 長きにわたり、春日の地を見守り続けてきた春日神社でしたが、天正十四年(1586年)七月、戦乱の兵火にかかり、社殿や宝物、文書の一切を焼失ました。しかしその後関ヶ原の戦いが行われ、後に300年にわたる平穏な江戸時代が興る分岐点となる年に、春日神社にも新しい命が吹き込まれ、平成八年(1996年)には社殿の総改修、境内地整備を行い、現在に至ります。
境内には、福岡四代藩主綱政公や六代藩主継高公が奉献された石灯籠、高麗拘、鰐口秋月四代藩主黒田長貞公が奉献された庚申面があることからも、歴代藩主の崇敬の深い神社であることが伺うことができます。

春日神社 (福岡県春日市)挙式

和婚挙式プラン

48,800円

挙式に必要な衣装・小物・ヘアメイク・アテンドなどが全て揃ったプラン

基本情報

初穂料
50,000円
住所
春日市春日1-110
アクセス
■西鉄「春日原駅」下車、JR「春日駅」下車
■西鉄バス「春日」下車
駐車場
あり
挙式スタイル
神前式
対応人数
50名様
定休日
-

春日神社 (福岡県春日市)挙式

和婚挙式プラン

48,800円

挙式に必要な衣装・小物・ヘアメイク・アテンドなどが全て揃ったプラン

BRIDAL FAIR

店舗一覧