長崎縣護国神社

【公式】長崎縣護国神社掲載認定

長崎縣護国神社ながさきけんごこくじんじゃ

長崎県護国神社は明治2年12月初代長崎府知事沢宣嘉、長崎市梅ヶ崎の地に市社宇を建立し戊申の役にて戦死せし43柱の英霊を奉斎し梅ヶ崎招魂社という、
またその後台湾の役の戦没者536柱を市内佐古の地に招魂社を建立し奉斎、これを佐古招魂社と称した。
昭和17年3月両社を併せ長崎県護国神社と改称し、護国神社の指定を受ける。
昭和19年10月現在の城山の地に本殿以下竣功し遷座祭を斎行するも翌昭和20年8月9日、原爆により不幸にも本殿以下悉く焼失し灰となり、
仮殿を営み祭祀続けて昭和38年10月再建、本殿以下現在のたたずまいとなっています。
昭和44年、長崎国体にご臨席の砌、昭和天皇、皇后両陛下にご親拝を賜り、また幾度とない幣帛料のご奉納をはじめ厚いご皇室のご崇敬をいただいています。

長崎縣護国神社挙式

九州有名神社で叶える和婚プラン

98,800

●土日祝日のご利用はプラス¥20,000
●新郎新婦衣装、小物一式、ヘアアクセサリー、美容スタッフ
※早朝の挙式は別途料金(スタッフ前泊代等)が発生いたします。
初穂料とヘアメイクの出張費が必要となります。

基本情報

初穂料
30,000円
住所
長崎県長崎市城栄町41−67
アクセス
大橋(長崎県)駅出口出口から徒歩約10分(道案内) 路線
浦上車庫前駅出口出口から徒歩約12分(道案内) 路線
松山町(長崎県)駅出口出口から徒歩約13分
駐車場
有り 100台以上
挙式スタイル
神前結婚式
対応人数
要問合せ
定休日
-

長崎縣護国神社挙式

九州有名神社で叶える和婚プラン

98,800

●土日祝日のご利用はプラス¥20,000
●新郎新婦衣装、小物一式、ヘアアクセサリー、美容スタッフ
※早朝の挙式は別途料金(スタッフ前泊代等)が発生いたします。
初穂料とヘアメイクの出張費が必要となります。

プランに含まれるもの

  • 新婦衣装

    新婦衣装

    白無垢or色打掛(引き振袖※別途料金)

  • 新郎衣装

    新郎衣装

    紋付き黒羽織袴

  • ヘアメイク

    ヘアメイク

    プロのスタイリストにお任せ

  • お着付け

    お着付け

    プロのスタイリストにお任せ

  • アクセサリー込

    アクセサリー込

    生花やカツラ等は要相談

  • 介添え師

    介添え師

    お仕度から挙式後のお着換えまでしっかりサポート

  • 花嫁小物等充実

    花嫁小物等充実

    小物アレンジも可能※別料金

BRIDAL FAIR

お近くのサロンで
お待ちしています