IROHA和婚のいろは

和婚辞典

和婚辞典

あ行

色打掛いろうちかけ
白以外の色を用いた打掛のこと。赤やゴールドの華やかな色が多く、鶴、亀、鳳凰や松、竹、梅などの吉祥文様などに代表される華麗な刺繍や織り模様を施している。挙式は白無垢、披露宴で色打掛に着替えて、両方の装いをすることが多い。
五つ紋いつつもん
背中に一つと両袖の後ろと両胸にそれぞれ一つずつ、合計五つの家紋のある羽織や着物のこと。
男性の和服の正礼装として用いられる。
貸衣装屋などでレンタルする場合は、印刷した家紋を着物に貼り付けて着用する。
色無地いろむじ
模様がなく、黒以外の色一色で染めた着物のこと。
明るく華やかな色は慶事に、暗く沈んだ色は弔事に、紫、緑、藍、鼠などの赤系以外の色は吉凶両用に着られる。
伊達衿、襦袢、帯揚、帯締めなどの小物を白で統一し、帯を礼装用にすれば準礼装となる。
色無地は多様な場面で着用でき、紋のつけ方で普段着からお洒落着にまで活用できる。
打掛うちかけ
和装の正装。室町時代から武家の婦人の礼装とされ、次第に婚礼衣装として着用されるようになった。
挙式では白無垢、披露宴では白以外の色を用いた色打掛を着用するのが一般的。
お色直しおいろなおし
披露宴の途中で新郎新婦が衣装を替え、披露宴の席を盛り上げること。
本来は無垢な白装束で嫁いだ花嫁が「婚家の家風」に染まったという意味合いで、白無垢から色打掛に替えていたが、ウェディングドレスからカラードレスへ、和装から洋装へ衣装を替えるなどもお色直しとなる。
またお色直しを簡単に行うなら、ドレスを変えずにヘアスタイルやアクセサリー、ブーケのみを変えてもよい。
尾長おなが
和装の髪型のひとつで、髪を一本に束ねて後ろに長く垂らしたもの。文金高島田と一緒に結う。
気品あふれる高貴な髪型。色打掛と組み合わせることが多い。
帯枕おびまくら
女帯をお太鼓結びなどにする時に、帯の膨らみを出し、形を整えるために用いる小さな枕のような形をしているもの。

か行

鏡開きかがみびらき
新郎新婦が日本酒の入った酒樽を木槌で叩いて開ける演出のこと。樽に入っていた日本酒はゲストに振る舞われる。
掛下帯かけしたおび
打掛の下に着る掛下の上に締める礼装用の帯のこと。
振袖などに用いられる袋帯よりもやや細いために、締めやすく、よく文庫結びに用いられ、帯の生地には白の綸子や白の唐織が使用される。
厳かに形よく打掛姿を見せることができる。もともとは江戸時代の武家の婦人の礼装用の帯だったが、現在では婚礼衣装にのみ用いられる。
唐織りからおり
京都の西陣を代表する織物の中のひとつ。模様を浮き出すように織った綾織地の上にさまざまな色糸を使い、装飾的な柄を刺繍のように縫い取りで織り出す織物。
現代の錦地の中で最も豪華な織物といわれている。
懐剣かいけん
打掛を着る際に帯にさす白い袋に入っている短剣。
打掛はもともと武家の娘の婚礼衣裳で、「女性でも自分で自分の身を守るように」と、嫁ぐ際に剣を身に着けさせたことに由来する。
抱帯かかえおび
打掛を着る際に帯の下の位置に結ぶ細い帯のこと。江戸時代の上流階級の女性は、裾を引いた着物が日常着だったため、外出するときは裾を引き上げて丈を調節した抱帯が、花嫁衣裳の装飾となった。
掛下かけした
打掛の下に着る着物のこと。白地のものが一般的だが、色打掛などを着用する場合は、上に着用する打掛の色合いに合わせる。
おはしょりは取らずに裾を引くように着用する。
紙入れかみいれ
打掛を着る際に胸元の装飾品として襟の部分に挿すもの。
もともとは、茶席でお菓子を取り分けたり、茶碗の縁などをふくのに用いたりする懐紙を入れて持ち歩くために使われていた。
かんざし
和装の時に髪に挿す飾りのこと。耳掻きのように先端が曲がっている。
白無垢の時は鼈甲のかんざし、色打掛では華やかな珊瑚や真珠がよく使われる。
雅楽生演奏ががくなまえんそう
笙(しょう)、篳篥(ひちりき)、竜笛(りゅうてき)、などの楽器を用いる雅楽の生の演奏。
黒引き振袖くろひきふりそで
黒地の引き振袖のこと。江戸時代から武家の娘の正式な婚礼衣装とされ、江戸後期から昭和までは一般的な婚礼衣装として着用されていた。
白無垢と同様に花嫁の第一礼装とされ、挙式でも披露宴でも着用できる。
ここ数年で、婚礼衣装に和装を着用したいという花嫁が増えており、そのひとつの引き振袖の中では黒引き振袖が最も人気がある。
こうがい
和装の時に花嫁が髪に挿す飾りのこと。箸に似た細長い装飾小物で、髷(まげ)に対して横に挿す。
金、銀、水晶、真珠、鼈甲など、素材もデザインも数多くある。
挙式と披露宴で笄(こうがい)を変えるのが一般的で、挙式では銀や鼈甲(べっこう)の上品なもの、披露宴では金や真珠など華やかなものが使用される。

さ行

さかき
神事で使用する木。ツバキ科の常緑小高木。神棚や祭壇に供えるなど、神道の神事には欠かせない植物。
三献の儀さんこんのぎ
神事で行われる、神へ「玉串」を捧げて礼拝する儀式。
巫女から手渡された玉串を両手で受け取り、一礼した後に台に捧げ、二拝・二拍手・一拝の神式の作法で拝礼する。
仏式の焼香にあたるもの。
神前式の挙式で行う儀式で三三九度のこと。まず巫女が注いだ御神酒の杯を新郎が受け3口で飲み干し、同じ杯で新婦が受ける(一献)。
次に新婦が受け、同じ杯で新郎が受ける(二献)。
そして再び新郎が受け、同じ杯を新婦が受ける(三献)。
もともとは出陣、帰陣、祝言などの時の献杯を指し、現在では三三九度以外に正月や選挙の出陣式、端午の節句、七五三、祭りなどで行われる。
三三九度さんさんくど
神前式の挙式で行う儀式のひとつ。「三献の儀」「誓杯の儀」が正式名称。
大中小の盃で新郎新婦が御神酒を交互に各三回ずつ、計九杯飲む。
巫女が注いだ御神酒の杯を最初の二口は口につけ、三口目で飲み乾す。
お酒が飲めない人は飲むまねでもよい。一口目は神へ、二口目は家族へ、三口目はゲストへの感謝と誓いが込められている。
参進の儀さんしんのぎ
神前式の挙式で行う儀式のひとつで新郎新婦入場。太鼓の音や雅楽が境内に響き渡るなか、神職・巫女に先導され、新郎新婦と参列者が神殿まで進んでいく。
気持ちを厳粛に整えるために重要な儀式。
三方さんぽう
神前式の時に供え物を載せるのに使用する四角い台。
檜のシラキによる木製で、台の前と左右の三方向に穴があいていて、方形の折敷(おしき)という盆につけたもの。
式次第しきしだい
結婚式の入場から退場までの進行プログラムのこと。一般的には会場で用意されているが、人前式の場合は手作りで用意することもできる。 キリスト教式では列席者全員に配られ、聖歌や賛美歌の歌詞も書かれている。
神前式では事前に新郎新婦、両親、媒酌人に見せるが、参列者には渡さない。
島台しまだい
鶴亀や松竹梅などの置物を飾った台のこと。婚礼などの慶事の際に使用される。
白無垢しろむく
打掛や掛下から、帯や草履などの小物までを全て白一色で統一した和の婚礼衣装のこと。髪は文金高島田に結い上げ、挙式では綿帽子または角隠しで覆う。
清純無垢を表す「白」は嫁ぎ先の家風に染まるという意味合いもある。
神前式しんぜんしき
神社の神前で挙げる挙式スタイル。基本的に参列するのは両親と親族のみで、三々九度の盃をかわし、玉串を捧げ結婚を誓う。
ホテルや専門式場でも神を奉り、設けられた神殿で挙式を挙げることができる。
親族杯の儀しんぞくさかずきのぎ
神前式の挙式で行う儀式のひとつで、両家の家族が親族となった誓いの杯を交わすというもの。
巫女が両家参列者の上座から順に御神酒を注いで回り、一斉に合図で杯を飲み干す。
末広すえひろ
婚礼時に打掛を着たときに持つ扇子。「末広がりに幸せになるように」という意味が込められている。
白無垢のときは房飾りも白いもので合わせる。
誓詞せいし
神前式挙式の儀式のなかの誓詞奏上で、新郎新婦が読み上げる連名で綴った夫婦の守るべき道が書かれた誓いの言葉のこと。
三献の儀の後、新郎新婦が神前に進み出て、主に新郎が誓詞を読み、新婦は自分の名前の部分のみ読み上げる。
誓詞は定型文が式場に用意されていて、また希望すれば自分たちの言葉にすることもできる。

た行

玉串たまぐし
榊の枝に紙垂(しで)という紙を取り付けたもの。神社で拝礼の時に神前に供える。紙垂は神の衣、榊は神の繁栄を意味する。
玉串は神前式の挙式で神殿に捧げられる。
玉串奉奠たまぐしほうてん
神事で行われる、神へ「玉串」を捧げて礼拝する儀式。
巫女から手渡された玉串を両手で受け取り、一礼した後に台に捧げ、二拝・二拍手・一拝の神式の作法で拝礼する。仏式の焼香にあたるもの。
伊達巻だてまき
幅10センチくらいの細帯。着物が着崩れないように、帯を締める前に掛下の上に巻く。
角隠しつのかくし
婚礼の際に、文金高島田の髪を飾る帯状の白い布で、白無垢や打掛、引き振袖を着るときに被る。
角隠しには「角を隠して夫に従順に従う」という意味が込められている。
留袖とめそで
既婚女性が着用する最も格調高い正装。
黒地に「江戸褄(えどづま)」という下半身部のみ模様の入った着物のことで、黒以外の地色のものは色留袖という。 留袖、色留袖には家紋が入っており、特に五ツ紋の入った留袖は慶事の第一礼装とされ、一ツ紋が入ったものは婚礼時以外の正装としても着用できる。

は行

箸取りの儀はしとりのぎ
鶴亀や松竹梅などの置物が飾られてある島台の上に盛り付けられた美しい色とりどりの菓子を、新郎新婦が箸を使って皿に取り分けて、ゲストに振る舞う演出のこと。両家の末長い繁栄を願って、京都の公家屋敷での婚礼で行われていた儀式。
筥迫はこせこ
打掛を着る際、装飾として胸元の懐に入れる、刺繍と房のついた箱型の袋物のこと。江戸時代では中流以上の武家の婦人が化粧道具や鼻紙などを入れるために持った実用品だった。
引き振袖ひきふりそで
引きずるほど長い裾の振袖のこと。正式な礼服で、「お引きずり」「大振袖」「本振袖」ともいわれる。
赤やゴールドなど華やかな色も多いが、黒の黒引き振袖が江戸後期から昭和にかけて正式な婚礼衣装とされていた。
初穂料はつほりょう
ホテルなどの結婚式場内にある神殿ではなく、一般の神社での挙式を挙げる際に支払うお金のこと。
神様に奉納する金銭という意味があり、玉串料ともいう。神主や巫女への謝礼、施設使用料などが含まれる。
引菓子ひきがし
披露宴のゲストに引出物と一緒に持ち帰ってもらうお菓子。ふたりの結婚記念として感謝の意を込めて贈る。
日持ちし、縁起の良いものが好まれる。
引出物ひきでもの
披露宴のゲストにふたりの結婚記念として感謝の意を込めて贈る品物。
披露宴終了後、引菓子と共に持ち帰ってもらう。
最近はゲストがカタログのなかから欲しい物を自由に選ぶカタログギフトも人気。地方によって独特の習慣がある。
一つ紋ひとつもん
背中に一つだけ家紋がある羽織や着物のこと。 五つ紋より格は下がるが、準礼装として結婚式以外にも茶会やパーティーなど着用する機会の幅が広くなる。
引出物持ち込み料ひきでものもちこみりょう
結婚式場に外部で手配した引出物を持ち込んだ場合に会場に支払う料金のこと。
引出物一個につき、300円~500円ぐらいが相場。
披露宴ひろうえん
挙式後に親族や上司、友人などを招いて、結婚し夫婦となったお互いのパートナーを紹介し、ふたりの晴れ姿を披露する宴席のこと。
まず新郎新婦紹介、挨拶、来賓の祝辞、ケーキカットを行い、その後は乾杯をし、料理やお酒でゲストをもてなす宴会となる。
袱紗ふくさ
一枚もの、または表裏2枚合わせの絹布で作られた長方形の布。贈り物の上に掛けたり、包んだりするもので、結婚式ではご祝儀袋を包むのに用いる。
結納では片木盆に載せた受書の交換で上に掛けて使用される。
文金高島田ぶんきんたかしまだ
白無垢や打掛、引き振袖を着る際に結う、代表的な花嫁の日本髪のこと。
髻(たぶさ)を折り返して元結で止める島田髷を高く結い上げた優美で華やかな髪型。
昔は地毛を結っていたが、今ではかつらを使う場合が多い。
芳名録ほうめいろく
結婚式、披露宴の受付に置き、ゲストに名前や住所を書いてもらうもの。ゲストブックともいう。
新郎側用と新婦側用に2冊用意するのが一般的。
最近は、和風や洋風以外にも、メッセージカード付きのものなど、いろいろな種類のものがある。

ま行

丸帯まるおび
幅広の帯地を二つ折りにし、帯芯を入れて仕立てる女帯の一種。表裏両方に金、銀を織り込んだ華やかな文様があるため、どんな結び方にも対応できる。
戦前までは第一礼装用の帯とされていたが、現在では婚礼衣装や舞妓の衣装以外にはほとんど用いられていない。
巫女の舞みこのまい
巫女によって舞われる神楽(神事において神に奉納するために奏される歌舞)の舞。
水合わせの儀みずあわせのぎ
新郎新婦のお互いの実家の水をひとつの杯に注ぎ合わせて飲む儀式。別々の環境(水)で育ったふたりがお互いの環境に慣れ親しみ、新たな家庭、環境(水)を築いていけるようにという意味。神前式、人前式で行われることが多い。
三つ紋みつもん
背中に一つと両袖の後ろに一つずつ、合計三つの家紋のある羽織や着物のこと。
五つ紋より格は下がるが準礼装として用いられる。
ミニ植樹みにしょくじゅ
神前式において新郎新婦の名前を冠した木を神殿周辺に植えるという儀式。
紋付もんつき
家紋がついていること、また家紋をつけた礼装用の和服。
正式は五つ紋とするが、三つ紋・一つ紋もある。
紋付羽織袴もんつきはおりはかま
現代の和服における男性の第一礼装。黒羽二重の五つ紋付きの羽織にひだのある縞の袴を着用する。
結婚式以外にも格式を重んじる行事の際に使用される。

わ行

和装下着わそうしたぎ
和装のときに着る下着のこと。長襦袢(ながじゅばん)、半襦袢(はんじゅばん)、替え衿、肌着(肌襦袢)、裾よけ、東(あずま)スカート、ステテコ、和装ブラジャー、ショーツ、着物スリップなどがある。
和装下着は直接肌に触れるものなので、着物や小物のようにレンタルはできず、各自で用意しなければならない。
綿帽子わたぼうし
婚礼の際に、文金高島田の上から被る白い袋状の帽子で、白無垢を着るときに着用する。
綿帽子には「挙式が終わるまで新郎以外の人に顔を見られないように」という意味がある。
和洋折衷わようせっちゅう
日本風と西洋風のそれぞれ良いところをほどよく取り合わせてまとめること。
「和洋」とは和(日本風)と洋(西洋風)のこと。

ご予約・お問い合わせはこちらから

03-6231-6008 ※浅草本店に繋がります。

お問い合わせは浅草本店へお願い致します。

店舗一覧