IROHA和婚のいろは

小物の種類

花嫁小物のご紹介

綿帽子

白無垢の時にだけ使う、挙式用の装いです。

角隠し

挙式時にのみ使用。
綿帽子が白無垢にしか使えないのに対し、角隠しはすべての礼服に合わることがでできます。

懐剣

房付きの袋に入った、帯に挿す短剣。
もともとは、武家のお姫様が護身用として所持していたものが、
現代では、アクセサリー感覚で華やかさをプラスするものとして胸元に飾ります。

帯締め

どの色の帯締めを持ち入る場合でも、
中に綿をつめた「丸ぐけ」と言われるタイプの帯締めを用います。

帯揚げ

別名「鹿子」。本来は帯を結ぶときに使う実用品でしたが、今では胸元を飾る小物として使われています。
白無垢の際は、帯あげも白を用いています。

末広

花嫁の持つ扇子。
「末広がりに幸せになるように」という意味から、「すえひろ」と呼ばれています。
開いて使うことはありませんが、中は一面が金色、もう一面は銀色をしています。
手に持ったり、胸に挿すときは、金の面が外側にくるようにするのが一般的で、
白無垢で使う末広は、面や房飾りは真っ白なものを用います。

抱え帯

帯の下の位置に巻く細帯。
本来は衣装の長い裾を抱えるためのもの。

草履

かかとが高いほど、華やかな印象になります。
一般的に花嫁の草履は金色ですが、白無垢の場合は白を用います。

半襟

引振袖、振袖を着用する際に使用します。
襦袢の襟につけて、顔周りをより華やかに。

はこせこ

引振袖を着るときに用います。
化粧ポーチのようなもので、江戸時代後期の武家女性が化粧品を入れて持ち歩いていたことに由来しています。

その他準備するもの

肌に直接ふれるものは、自分で用意します。
花嫁姿の美しさにも関わってくるので、自分に合うサイズでしっかりと選びましょう。

新婦

肌襦袢
通気性のある、汗を吸いとりやすい木綿やガーゼ地が一般的。花嫁衣装ではうなじ部分をあけて着付けるので、首の後ろ部分が深くあいたものを選びましょう。
裾よけ
腰巻きのこと。滑りがよく、銅周りに木綿布が付いたものを。
足袋
甲にシワが出ないよう、自分の足にピッタリのサイズを。

新郎

Tシャツ
肌襦袢でなくてもかまいませんが、VネックのTシャツがよいでしょう。
ズボン下
ステテコのこと。
足袋
靴と同じサイズで選ぶと大きすぎることが多いので、やや小さめを選びます。

お近くのサロンで
お待ちしています