COSTUME衣装

八重鶴に桜YAEDURUNISAKURA

八重重ねとは、襟元と袖口が十二単風に仕立てられた衣装の事。
現代の十二単とも言われています。
『幸せを重ねる』といった縁起のいい意味も含まれており、日本の国花とも
言われる桜と、長寿の意味を持つ鶴の刺繍を合わせより豪華に、
縁起物をたくさん詰め込んだ、神社式にピッタリの白無垢です。

八重鶴に桜①

お近くのサロンで
お待ちしています