大将軍八神社

【公式】大将軍八神社掲載認定

大将軍八神社だいしょうぐんはちじんじゃ

“大将軍”とは、陰陽道の星神・方位の神様のことを言うのですがじつは非常に恐れられてきた神様でもありました。なぜ恐れられてきたのかと言うと古くから“大将軍”がいる方位を犯すと災いや厳しいとがめを受けると言われてきたからです。

そのため、天皇家や貴族たちは建築や転居、旅立ちなど何かを行う前には必ず陰陽師に頼み、その方角が大将軍にあたらないか慎重になっていました。桓武天皇は、794年の平安遷都の際に大内裏(御所)から陰陽道の天門にあたる北西角に大将軍のお堂を建てることで、方位による災いを解除。
それが、この大将軍八神社創建のはじまりです。(当時は大将軍堂という名称でした)

京都の神社やお寺は時代によって場所が変わることも多くあるのですが大将軍八神社は平安朝時代から変わらず同じ場所で長い間方位を司る神様として崇拝されてきた歴史ある神社です。

大将軍八神社挙式

48,800円

基本情報

初穂料
30,000円
住所
京都市上京区西町(天神通) 一条御前西入3西48
アクセス
-
駐車場
あり
挙式スタイル
神前式
対応人数
16名様
定休日
-

大将軍八神社挙式

48,800円

BRIDAL FAIR

お近くのサロンで
お待ちしています