上賀茂神社

【公式】上賀茂神社掲載認定

上賀茂神社かみがもじんじゃ

天武天皇の時代(678年)に造営され、京都最古の神社として世界文化遺産登録もされている上賀茂神社。 また境内は四季折々の景観が楽しめ、有名な「斎王桜」「御所桜」や「風流桜」「賀茂桜」「みあれ桜」など名のある桜、秋の紅葉時期には境内の紅葉が赤々と色づき、その傍らを通る参進行列に華を添えます。上賀茂神社の二の鳥居を入るとはじめに目に入るのが円錐形の「立砂(たてずな)」と細殿です。細殿は、昔、皇族が到着されたときに使われた殿舎。寛永5年(1628年)に造り替えられ、重要文化財に指定されています。上賀茂神社の参拝時間を過ぎた夕方の閉門以降、結婚式を行うことができます。(宵の結)境内には、観光客や参拝の方など一般人はどなたもいらっしゃいませんので、想い出に残るお二人だけの式を執り行うことができます。上賀茂神社境内に篝火が焚かれる幻想的な空間のなか、貸切状態で挙式を挙げていただくことができます。挙式は、細殿で執り行われます。 季節の花々と、訪れる人々を圧巻する歴史深い建築の中を進む花嫁行列(参進の儀)は、結婚式の日をより彩ることでしょう。
境内の撮影スポットも充実しており、挙式の後に結婚写真を残すおふたりも多くいらっしゃいます。

上賀茂神社挙式

48,800円

含まれるもの(新郎様/紋付袴
新婦様/白無垢・色打掛・引振袖 いずれか1点
新郎様 新婦様 お着付け
新郎様 新婦様のお支度(かつら・かんざしは別途)


※初穂料別途必要

上賀茂神社とは

  • 上賀茂神社の正式名称は「賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)」

    創建については諸説ある。社伝では、神武天皇の御代に賀茂山の麓の御阿礼所に賀茂別雷命が降臨したと伝える。

    『山城国風土記』逸文では、玉依日売(たまよりひめ)が加茂川の川上から流れてきた丹塗矢を床に置いたところ懐妊し、それで生まれたのが賀茂別雷命で、兄玉依日古(あにたまよりひこ)の子孫である賀茂県主の一族がこれを奉斎したと伝える。丹塗矢の正体は、乙訓神社の火雷神とも大山咋神ともいう。玉依日売とその父の賀茂建角身命は下鴨神社に祀られている。国史では、文武天皇2年(698年)3月21日、賀茂祭の日の騎射を禁じたという記事が初出で、他にも天平勝宝2年(750年)に御戸代田一町が寄進されるなど、朝廷からの崇敬を受けてきたことがわかる。

    延暦13年(794年)の平安遷都後は、皇城鎮護の神社としてより一層の崇敬を受け、大同2年(807年)には最高位である正一位の神階を受け、賀茂祭は勅祭とされた。『延喜式神名帳』では「山城国愛宕郡 賀茂別雷神社」として名神大社に列し、名神祭・月次祭・相嘗祭・新嘗祭の各祭の幣帛に預ると記載されている。弘仁元年(810年)以降約400年にわたって、伊勢神宮の斎宮にならった斎院が置かれ、皇女が斎王として奉仕した。

    明治の近代社格制度でも伊勢神宮に次ぐ官幣大社の筆頭とされ、明治16年(1883年)には勅祭社に定められた。

基本情報

初穂料
100,000円
住所
京都府京都市北区上賀茂本山339
アクセス
■JR「京都駅」より、市バス4番「上賀茂神社前」下車すぐ
■JR「京都駅」より、市バス9番「上賀茂御薗橋」下車、徒歩3分
駐車場
あり
挙式スタイル
神前式
対応人数
48名様
定休日
-
近隣の会食会場
平八茶屋

実際の挙式写真

おすすめポイント

  • NO.01

    楼門の向かいに、「片岡社」があり紫式部がお参りしたと伝えられる縁結びの神様を祀る歴史あるお社があります。実はその近くに、最大とも言われるパワースポット
    「岩上(がんじょう)」があります。
    この岩上は神山と共に賀茂信仰の原点であり、古代祭祀の形を今に伝える場所である。神と人との心の通路でもあり、上賀茂神社の信仰の原点となる場所で、現在も重要な祭祀がここで執り行われていることからも、とりわけ神聖な「気」が集中している場所であります。

  • NO.02

    夕方の閉門以降に行うことができる(宵いの結)一般人はいらっしゃらないのでプライベート空間たっぷりお二人だけの式を執り行うことができます。夕闇迫る中、淡い灯火が照らし出される境内は幻想的な演出となるでしょう。

  • NO.03

    「上賀茂神社」ポイントは、川の“せせらぎ”。
    湧水を源とした「下鴨神社」の小川と異なり、ここ「上賀茂神社」の奈良の小川は、賀茂川の支流で水量多く、挙式のBGMにと心地良い音を響かせてくれます。

上賀茂神社挙式

48,800円

含まれるもの(新郎様/紋付袴
新婦様/白無垢・色打掛・引振袖 いずれか1点
新郎様 新婦様 お着付け
新郎様 新婦様のお支度(かつら・かんざしは別途)


※初穂料別途必要

プランに含まれるもの

  • 新婦衣装

    新婦衣装

    スタンダード
    白無垢or色打掛

  • 新郎衣装

    新郎衣装

    黒紋付

  • 美容支度

    美容支度

    ヘアメイク

  • 着付け

    着付け

    専任の着付け師が丁寧に着付けをいたします。

  • ヘアアクセサリー

    ヘアアクセサリー

    造花ヘッドパーツ

  • 美容アテンド

    美容アテンド

    専門の美容スタッフが、お支度場所と挙式会場のご移動をサポートいたします。もちろん挙式後引き上げまでお手伝いさせていただきますのでご安心ください。

  • 花嫁小物一式

    花嫁小物一式

    アレンジ小物も多数取り扱っております。

BRIDAL FAIR

お近くのサロンで
お待ちしています