熊野若王子神社

【公式】熊野若王子神社掲載認定

熊野若王子神社くまのにゃくおうじじんじゃ

哲学の道の終点・若王子橋のすぐ近くに佇む神社。後白河法王が永暦元年(1160)に熊野権現を勧請したのが始まりで、熊野神社・新熊野(いまくまの)神社とともに京都三熊野のひとつに数えられる。今では、道中安全祈願や進学、縁結びの神様として若い人にも人気を呼んでいる。またサッカー日本代表のユニフォームでおなじみの八咫烏(やたがらす)が梛の葉を加えているマークはこの神社のシンボルだ。辺りは、室町時代に足利尊氏・義政が花を愛でる宴を開いたといわれる桜の名所。また秋には一面鮮やかな朱に染まる紅葉の名所でもある。

熊野若王子神社挙式

48,800円

基本情報

初穂料
50,000円
住所
〒606-8444 京都府京都市左京区若王子町2
アクセス
■市バス「南禅寺・永観堂前」より徒歩5分
■市バス「東天王町」より徒歩5分
駐車場
挙式スタイル
神前式
対応人数
40名様
定休日
-

おすすめポイント

  • NO.01

    日本で初めての夫婦神である伊佐那岐神と伊佐那美神を祀った「熊野若王子神社」での挙式は歴史を感じさせてくれます。

  • NO.02

    自然豊かな境内が魅力で、古くから多くの参拝者に親しまれてきました。
    ご神木として祀られているナギは樹齢400年。京都で最も古いナギの木と言われており
    記念撮影スポットとしてもおススメです。

  • NO.03

    境内には桜やモミジの古木や大木があり、美しい花や紅葉で人々を楽しませています。紅葉や桜の名所と言われておりますが 知らずとしれた穴場スポット。
    紅葉の時期でもゆっくりとした式を行うことが可能です。

熊野若王子神社挙式

48,800円

BRIDAL FAIR

お近くのサロンで
お待ちしています