COSTUME衣装

白地 桜・牡丹SIROZISAKURA・BOTAN

花道家として有名な仮屋崎省吾さんが手がけた繊細で豪華な一着です。
雪輪文様は吉祥文でありながら儚さや謙虚さを表す文様で
季節や格も問いません。
また、丸い円の中で欠けている部分は
「まだまだ未熟な人間でこれからもっと精進します。」
という意味が込められ、これからの二人にふさわしい一着です。

白地 桜・牡丹①

お近くのサロンで
お待ちしています