姫嶋神社

【公式】姫嶋神社掲載認定

姫嶋神社ひめじまじんじゃ

姫島は古代難波八十島のひとつであった比売島がこの地に当たると伝えられてきた。『古事記』の応神記には、「昔、赤い玉より化生して美女となったアカルヒメが新羅の王子、天之日矛(アメノヒボコ)の妻となり、常に美食を用意して夫に仕えたが、夫は慢心を起こし妻をののしるので、『わたしはあなたの妻となるべき女ではありません。わたしの祖国へ帰ります。』と言って、難波に逃避行してきた」とある。

応神天皇の御代、新羅の国の女神が夫から逃れて筑波の伊波比(いわい)の比売島、さらに移って摂津の比売島(姫島)に留まったと伝えられている。アカルヒメは夫と別れ、海を渡り、新たな地で再起し女性たちに機織りや裁縫、焼き物や楽器などを教えたことから、多くの女性に親しまれ「決断と行動の神様」として信仰されてきた。

姫嶋神社挙式

48,800円

姫嶋神社とは

  • 別名 「やりなおし神社」

    明治5年、近郷の崇敬厚く西成郡第5小区の総氏神として郷社に列せられる。創建年代は不明(平成28年現在、姫嶋神社の宮司は29代目)であるが、境内には正保5年(1648)から幕末まで江戸時代の石灯篭が10基あり、江戸時代以前から、産土神として阿迦留姫命(アカルヒメ)を祀っていたと考えられる。昭和20年6月15日の第2次世界大戦の空襲で姫島の約4割が被害にあい、当社も戦火のため社殿、宝物、過去の文献などすべてを焼失、アカルヒメ同様何も無い状態からの出発となったことから「やりなおし神社」ともいわれる。楠社の後ろの楠に戦火の傷跡がいまだに残っており「再出発の木」となっている。

    姫島は古くから手工業として、木綿織が盛んで、大阪の港であった伝法が姫島とも隣接していたので、商品の流通も容易であった。そのため、姫島も活況を呈し祭りも盛大で、近郷に鳴り響いた2重構造の大きなだんじりを4基所有、昭和初期には10基以上のだんじりを姫島の各町会で所有していた。しかし、戦火などで大部分が焼失した。

  • 主祭神 阿迦留姫命(アカルヒメノミコト)

    主祭神の阿迦留姫命は、新羅の王子(アメノヒボコ)の妻となるが、夫の慢心に耐えかね新羅の国から筑波の比売島、さらに移って摂津の比売島(姫島)へと海を渡り、新たな地で再起したことから『決断と行動』の神様として信仰されてきました。

    阿迦留姫命は新たな地で、女性達に機織りや裁縫、焼き物や楽器などの知識と技術を教え、病に苦しむ人には治療を施したことから多くの女性に信仰されてきました。

    『デザイナー』『陶芸家』『音楽家』であり『医者』でもある。まさに、女手ひとつで頑張った社会的にも自立した女神といえます。現代の世にあっては、女性実業家といったところでしょうか。

    『古事記』には、新羅の国の王子であるアメノヒボコが、農夫から赤い玉を譲り受け、それを寝室に置いていたところ、赤い玉は美しい乙女(アカルヒメ)に姿をかえたとあることか美人祈願の神様とも呼ばれています。

基本情報

初穂料
50,000円
住所
〒555-0033 大阪市西淀川区姫島4-14-2
アクセス
-
駐車場
あり
挙式スタイル
神前式
対応人数
20名様
定休日
-

実際の挙式写真

姫嶋神社挙式

48,800円

BRIDAL FAIR

店舗一覧