BLOG和婚スタイル大阪のブログ

和婚の魅力!

2016.10.27

ハッピーハロウィン!~~(m゚∀゚)m+.☆゚+.☆

 

ちょっとフライングですが、月末はハロウィンです!

街中はすっかりとハロウィン仕様に変身していて

とても賑やかです꒰・◡・๑꒱

 

毎年、だいたい2ヶ月前からハロウィンの広告をしているのですが、

今年なんとお盆が終わったら、すぐ某有名テーマパークネズミ―ランドは

ハロウィンの宣伝を始めましたね!

 

それもそのはず、皆さん知っていますか(・_・?)

昨年、ハロウィンはあのバレンタインデーの売り上げを抜いて

2位になったそうですよ!

 

これは、ハロウィンに力が入りますね!!

 

相変わらずクリスマスがぶっちぎりで1位独走してますが…(´ゝ౪◔`)

 

どうも皆さんこんにちは

和婚スタイル大阪店です(∪´>‿<`)

 

今週のブログは、タイトルにもある通り

和婚の魅力について、紹介していこうと思います。

 

では、早速紹介していきたいと思います٩꒰。•◡•。꒱۶

 

”日本人として生まれて”

日本古来の伝統的な結婚式のかたち。

それが神社結婚式です。

日本人として生まれたからこそ

日本の神様に生涯を誓うことこそが、

大切だと考えます。

 

 

”和装が着れる”

伝統の白無垢から、色仕掛、引き袖まで、

花嫁様だけが着られる日本の伝統衣装を着て結婚式を。

ヘアメイクは、新郎様のイメージをナチュラルに表現、

艶やかに出演します。

 

 

”家族のことを考えて”

ご両親や、おじい様、おばあ様と

同じかたちで結婚式を挙げたい。

そんなお声をよく耳にします。

ご家族だけで、

厳かで、あたたかな結婚式を

きっとご家族も喜んでくれるはず。

 

 

”そんな派手さは必要ない”

派手な結婚式は自分たちらしくない。

近年結婚式を挙げないおふたりが増えているそう。

派手な結婚式じゃなくてもいい。

静かに、厳かに。

結婚の証を残すことが、大切と考えます。

 

 

いかがだったでしょうか。

これが、上記4つが和婚の魅力と言えるでしょう!

 

実は今回紹介した、この和婚の魅力は

和婚スタイルのHPに書いてあるんですよね!

みなさんお気づきでしたか?

 

では、今回のブログはこの辺で終わりにしたいと思います。

贅沢はんなりプラン

2016.10.18

最近はとても朝が寒く、朝起きるのが少しつらく

お布団が恋しい季節になりつつありますね《《(ゝc_<;)》》ブルッ

 

どうも皆さんこんにちは

和婚スタイル大阪店です꒰・◡・๑꒱

 

今週のブログは、お得なプランの紹介を

したいと思います(◍ ´꒳` ◍)b

 

では、早速プランの紹介をしてきましょう!

 

そのプランとは、

”京都店限定 贅沢はんなりプラン”です!

bnr_special

 

 

 

 

 

 

img_01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このプランはとってもお得で、なんと

衣装、着付け、ヘアメイク(和装・洋装から選択可能)、フルメイク、お支度部屋、

集合写真撮影、スナップ写真撮影、アルバム、タクシー送迎が全てセットで、

¥150,000なんですよ

 

すごくないですか?相当お得だと思います!

 

ただ、一つネックな所は京都店限定なので、大阪住まいの方は

少し京都店に行きづらいところだと思います…(´A`。)

 

ですが、今から結婚式を挙げようと考えている方は、もうこのプランで挙げるしか

ないまであると思います!

 

ぜひ、今から結婚式を挙げようであったり、いつ結婚式を挙げようであったりと

悩んでいる方は、このプランで挙式を挙げるのをお勧めします(。◝‿◜。)

 

このプランの詳細はHPから見ることができます

http://www.wakon-style.jp/kyoto/campaign/detail_05.html

少しでも興味を持っていただけたら、確認してみてくださいね٩(。θ◡θ。)۶

 

では、今回はこの辺で終わりにしたいと思います。

 

 

1000組達成!ありがとうキャンペーン

2016.10.13

あと少しで10月も半分を過ぎようとしていますね

この間まで暑かったと思っていたのに、

今では朝と夜はめっきり寒くなってきましたねプル((,,´Θ`,,))プル

 

季節の変わり目はとても体調を崩しやすい時期なので

みなさん体調には気を付けて過ごして下さい(。╹ω╹。)

 

どうも皆さんこんにちは

和婚スタイル大阪店です♫꒰・◡・๑꒱

 

今週のブログは、キャンペーンについての紹介を少ししたいと思います。

 

そのキャンペーンとは、

inr_main

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”1000組達成ありがとうキャンペーン”です!

 

これは、2016年に和婚スタイルで挙式を挙げる方が1000組を達成したので

皆様に感謝を込めて送るキャンペーンとなっています。

 

このプランは、2016年内にご成約されたお客様限定で

1000円オフの割引券がもらえるという、お得なキャンペーンとなっています!

 

しかも、総額100万円分の1000円チケットをご用意させていただきました!

 

いつ結婚式を挙げようか迷っている方は

今がチャンスだと思いますよ٩(。θ◡θ。)۶

 

以上で1000組達成ありがとうキャンペーンの紹介を終わりにしたいと思います。

もっとキャンペーンについて詳しく知りたい方は、

 

http://www.wakon-style.jp/osaka/campaign/detail_10.html

 

HPから見ることができるので、確認してみてくださいね=͟͟͞͞( •̀д•́)))

では、今回はこのへんで終わりにしたいと思います。

大阪店 人気神社 part2♪

2016.09.22

9月ももう下旬になり、気温の方も

だいぶ落ち着いてきて過ごしやすくなったのではないでしょうか(・ω・。)

 

どうも皆さんこんにちは

和婚スタイル大阪店です(・∀・*)

 

今回のブログは、前回の大阪店での人気神社の続きで

3位~1位の紹介をしていきたいと思いますヾ(´c_,`*)

 

ぜひ、これから挙式を挙げようと考えているかたで、どこの

神社にしようか悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください(oゝω・o)ノ))

 

 

では、さっそく3位の方から紹介していきたいと思います!

 

坐摩神社(ざまじんじゃ)

main_img00000064

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当社の創祀には諸説がありますが、神功皇后が新羅より御帰還の折、淀川南岸の大江、

田蓑島のちの渡辺の地(現在の天満橋の西方、石町附近)に奉祀されたのが始まりとされています。

平安時代の「延喜式」には攝津國西成郡の唯一の大社と記され、産土神として今日に至っています。

 

また朱雀天皇の御代、天慶2年(939)以来祈雨11社中に列し、

以後たびたび祈雨〔雨乞い〕のご祈請・奉幣に預かりました。

 

坐摩神社行宮 <坐摩神社行宮> 天正10年(1582)豊臣秀吉の大坂築城に当たり替地を命ぜられ、

寛永年間現在地に遷座されました。現在の鎮座地名を渡辺と称するのも、元の地名が移されたもので、

全国の渡辺・渡部等の姓の発祥の地でもあります。旧社地と伝えられる石町には現在も

当社の行宮(御旅所)が鎮座されています。

 

 

続いて2位は、

豊国神社(ほうこくじんじゃ)

main_img00000066

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

豊国神社は、明治元年、明治天皇が大阪に行幸になった砌、国家の為に大勲労のあった豊太閤を、

この大阪の清浄な地に奉祀する様にと仰せ出されたので、種々熟議の結果、

明治六年に京都の阿弥院峯墓前を本社として社殿を造営、大阪には別格官幣社豊國神社の別社として

中之島字山崎の鼻(現在の中央公会堂の地点)に、明治12年11月に創立されたました。

 

大正元年中央公会堂建設の為、府立図書館の西方の公園内に移転し、

大正10年に別社から独立して府社に列せられましたが、昭和20年終戦と共に社格が廃止されたので、

現在宗教法人となって神社本庁所属の神社となりました。

 

昭和10年頃より大阪市の発展に伴い市庁舎増築に必要のため、

隣接する当神社の移転の議が起こりましたが、太平洋戦争に突入した為、

移転の件は一時沙汰止みとなりました。 その後昭和31年大阪市より神社移転の要望が再開されたので、

祭神に縁のある大阪城内を移転地と決定し、昭和36年1月中之島より奉遷したのが現在の神域です。

 

 

最後に1位の紹介です!!

枚岡神社(ひらおかじんじゃ)

main_img00000071

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

枚岡神社の創祀は、皇紀前まで遡り、初代天皇の神武天皇が大和の地で即位される3年前と伝えられています。

神武御東征の砌、神武天皇の勅命を奉じて、天種子命(あめのたねこのみこと)が

平国(くにむけ)(国土平定)を祈願するため天児屋根命・比売御神の二神を、

霊地神津嶽(かみつだけ)に一大磐境を設け祀られたのが枚岡神社の創祀とされています。

 

※皇紀とは日本独自の暦で、西暦はキリスト誕生を元始とするが、日本の皇紀は、初代天皇西暦よりも660年前に皇紀がはじまったとされます。

 

 

今回のブログは先週から2週間に分けて東京店の人気神社の紹介をとても簡単でしたが、

紹介させていただきました。

 

今回紹介させて頂いた神社のもっと詳しい内容は、HPでみることができます

ぜひ、もっともっと詳しいことを知りたい方は、そちらをご覧ください。

 

http://www.wakon-style.jp/osaka/list/

 

どこで神社挙式を挙げようか、考えていたり、悩んでいる方は参考にしてもらえると嬉しいです(*´∀`*)ノ.+゚

神前式豆知識♪

2016.09.05

8月があっという間に終わり

9月にはいりましたね。

 

最近ようやく少しづつ涼しくなって

8月に比べるとだいぶ過ごしやすくなったのではないでしょうかd(≧∀≦*)

 

 

どうも皆さんこんにちは

和婚スタイル大阪店です(`▽´*)

 

今回は、タイトルにもある通り

神前式の豆知識を少し紹介したいと思います。

 

 

そもそも、結婚式の原型とは…(゚ペ)?

と、思う方もいるとおもいます

 

結婚式

神に捧げる「陰の式」と、人としての「陽の式」の二つを組み合わせて「結婚式」と呼びます。

これは室町時代に小笠原流が作法に定めたものとして受け継がれてきました。

小笠原流の儀式は、更に溯った日本書紀の中より取り入れたものと言われています。

現代では便宜上、簡略化されていますが、当時は一日がかりで行われていたそうです。

 

 

誓詞奉上

結婚のご奉告、夫婦として助け合って生きていくことの誓いが込められた言葉を述べます。

 

 

三三九度の盃

神様から御神酒を頂き、体の中に神様の力を取り入れる意味があります。交互に各3回ずつ計9杯のお神酒を飲みます。小盃は過去を表し、二人を巡り合わせた先祖に対する感謝を、中盃は現在を表し、二人で末永く力を合わせて生きていくとの意味が込められています。大盃は未来を表し、一家の安泰と子孫繁栄の願いが込められています。

 

 

綿帽子と角隠し

綿帽子には「挙式が済むまで新郎以外の男性に顔を見られないように」という意味が込められております。華やかな文金高島田の上に深めにかぶり、白無垢と合わせて挙式時のみ着けるのが慣わしです。又、角隠しには「角を隠し夫に従います」という意味が込められております。

 

 

以上で、とても簡単ですが神前式の豆知識を紹介しました。

これ以外にもたくさん神前式についてはありますので

気になった方は調べてみてください♪

店舗一覧